2010年06月30日

続いた。

なんとか一ヶ月間毎日、このブログに記事を上げ続けてみた。

ちょっとした達成感があるなぁ。

しかしサッカー日本代表、残念でしたね。

個人的には勝ち負けとかじゃなくて、もう少しだけ今のあの代表チームを見てたかったなぁと思う。

まだまだ成長していきそうな雰囲気があったし、チームの雰囲気の良さが見てても分かるくらいだったし。

今回の大会は、谷間の世代って言われていた俺と同年代の1981年生まれが本当によく頑張った。

松井、阿部、駒野の3人。

お疲れ様でした。

もう谷間なんかじゃねぃですよ。

それと岡田監督もほんとにお疲れ様っした。

いや、関わっていた全員、ですかね。

ほんとうにお疲れ様でした。


あ。

あと、一ヶ月間休まず書いた俺、お疲れ様でした。

来月は無理しないぞ、と。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

金ちゃん。

先日ですが、かの有名なIKEAに行ってきた訳ですよ。
なんつうかもう、とんでもねーのね。
商品を購入する意欲を刺激する創りになってる。
そこら中で子供たちが理性を完全に無くしてたもんなー。
大人の俺でさえ、随所で理性を無くしかけたくらいだもん。
そりゃー仕方ない。

さて、今日はもう本当に物凄い映像を発見してしまったので、それをどうにかお伝えしたくて、その気持ちで一杯なのです。
なので、とにかくこの動画を一度ご覧になっていただけないでしょうか。
なにも言わずに、一通り見てください。
10分程度で終わります。





どうです。
違和感というか、全てのシーンが壮絶な仕上がりでしょう。
これ、俺も小さい時に見てたのかなぁ。
こんなにも衝撃的な内容だってのに、一切覚えてないんだよなぁ。

いやぁ、もうまず金太郎の肌の色。
もうどうにも赤過ぎでしょ。
産まれて序盤から瞳の活力もパワー感あり過ぎだし。
10歳の頃にはもはや人外のものになってるし。
体型やばいし。
でも、乳母への優しさがいいよね、金太郎。
そして、中盤。
でっかくて長いのが出る。

でっかいウンコは元気な証拠です。

って、デカ過ぎ。
乳母も簡単に受け入れ過ぎ。
もうこの辺りから俺は徐々についていけなくなってます。

で、その後、鬼太郎一家の畑が崩壊。
乳母も傷付けられます。
犯人は誰か?
なんとこの方。


okkotonushi.jpg


乙事主さま、でしょうかね、あれは?
配色といい勢いと言い、ほぼ祟り神と化した乙事主さまが金太郎に襲い掛かります。
が、金太郎はそんな乙事主さまを軽くあしらい、仕舞いは乙事主さまのケツを山頂にはめ込んでしまいました。
金太郎、最強です。

そして、都に向かう何とかって貴族的な大人にその怪力を見初められ連れ去られたのでした。
金太郎のサクセスストーリーが、今まさに始まるのでした。
がんばれ金太郎!

で。
最後のナレーションで知った衝撃の事実。
金太郎って、酒呑童子を倒した人なのね。
普通にびっくり。
金太郎、やっぱあんた最強だよ。
現代の金太郎もそうとう凄いけどさ、流石にあんたにゃ勝てないよなぁ。


サラリーマン金太郎 4 DVD-BOX
【現代の金太郎】


金太郎ってなぁ、いつの時代も凄いんだなー。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

勝ったー。

篠田が、勝ったー。

ようやく戻ったー。

今季最高に嬉しいかもしれない。

内容はまずまず。

だけども、チーム状態はハッキリ言って何も変わっちゃいない。

残念だけど、篠田一人でどうこうなる状況じゃあない。

それでも篠田が戻ってきて、その初戦でしっかり勝てたって事が純粋に評価したいし、細かい事は置いておいて俺はもう本当に嬉しくて仕方が無い。

そうだよ、カープの背番号14ってのは、2軍でどうこうしていて良い番号じゃあないのだ。

これからもその14番をどんどん躍動させて欲しい。

今日はもう、それしか無し。

他にも色々あったけど、とにかくもうこの喜びをもう少し味あわせておいてくださいな。


んー・・・


超嬉しい!!

篠田、お疲れ!!
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉人。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

収録日。

そんな訳で、これを皆さんがご覧になる頃にはですね、ラジョビジョンの7月配信の分を収録していることでしょー。
状況なんかと出来るだけTwitterでお知らせしていこうと思うんですがねぇ、いかんせん、人が足りなひ。
何故なら今日は、これまた結構な役回りでしてね。
いやぁ、マスダを始めいつものスタッフ陣はてんてこ舞いだと思います。
全力で頑張ってます、恐らく。
どの程度つぶやけるか分かりませんが、コチラの方も是非ご覧になってくれると嬉しいですー、って。


【ラジョビジョン製作委員会 Twitter】
http://twitter.com/rajovision


いやしかし、巨人の阿部どんが1試合2本塁打と止まりませんな。
いやしかし、ディープインパクトのの仔がデビューして勝ちましたな。
いやしかし、韓国はベスト16で終わりましたな。
いやしかし、広島カープはいったいいつ勝つんてすかな。(5連敗中)

とまぁ、カープに関しては、もう勝ったこと以外は書かない方向にしようと思うので、次に書くのは連敗明けだ。
と、しかしここでどうしてもなお知らせが一つ。

帰って参りました。
そうなんです、帰ってきたんです。

誰がって?

何言ってるんすか。
決まってるじゃないっすか。
純平ですよ、純平。
俺が愛して止まない、広島カープの#14、篠田純平ですよ!!

ようやく、ほんとにようやく帰って参りました。
そしてなんと、恐らく本日の中日戦、いきなり先発登板でしょう。
あとはなんかよく分からんけど2軍降格後に肉離れだかで故障中の末永真史が帰ってくれば、来月の試合は俺が観に行ってやろうじゃねーか。
って、何様だろね。

とにもかくにも、こりゃー収録どころじゃないかもしれん。。。
などとは流石に言えないので心の中で好投を祈るのみ、か。
でも帰ってきたのは本当に嬉しいなー。
これで今のグズグズなカープをもう少し応援してられる気がする。

がんばってくれー、篠田ーっ!!
遠い空の下、諸事情により俺もゲイ的なことをしてがんばるからーっ!!
ゲイ的なことって、なんだろねー!!
とにかくがんばるからー!!
あまり気にしないでくれなー!!
とにかく篠田も精一杯投げ込んでくれよなー!!
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

非常なのか。

いやー、サッカー日本代表ったらベスト16入りしましたな。
まさかこんな事になるとは(笑)
もともと岡田監督が好きになれなかった俺ですが、今回のあの腹のくくり方は正直言って感服したなー。
いやぁ、初戦のカメルーンに勝った時点で、もう充分だったくらいなのに。
窮鼠猫を噛む感じでこのままベスト4まで行っちゃってくれたら面白いな。
まぁ何にしても同い年である松井大輔と阿部勇樹の活躍っぷりが嬉しい。
いやー、もう谷間の世代とは言わさないね。
野球だって岩隈や青木が同学年だし。
1981.4月〜1982.3月生まれの俺らは今までずっと1個上の松坂世代に苦渋を舐めさせられてきたんだから。
いよいよ逆襲開始。
俺はそんな彼等を応援する係りの人。
がんばれー。

全く別件ではあるけど、最近は糞の紙屑みたいな野球しか出来てないカープのファンである俺ですけども、個人的にずっと興味があった読売ジャイアンツ球団代表である清武英利氏の著書を購入。
激的な破格値で売ってたってのもあるけど。


巨人軍は非情か


暫くはこれを元に、広島カープというチームの現状の異常性について冷静に考えてみようと思う。
何にせよ、この清武代表がいなければ、あの山口鉄也も松本哲也もプロ野球人として生きてなかったはずである訳で。
だいたい、育成枠ってのはこの清武さんと我が広島カープが言いだしっぺなんだってのに、なんなのこの歴然たる差は。
ってことで、ここらでしっかり見詰めてみようと。
楽しみ。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

聴いて、観て。

もう今季はカープの話は辞めようかと本気で考えてる今日この頃ですが、皆さんお体の具合はいかがでしょ。
こちらは呆れるばかりの試合を見続けて心肺機能が停止しかかってます。
俺が本当に憧れた、大好きだったカープの姿はどこにもねぇの。
本当に憧れた、大好きだった頃の選手が今年、監督そしてヘッドコーチに就任し期待に胸を膨らませてたけんども、ものの見事にへし折られ続けているこの3月から6月。
冗談抜きでカープ愛が薄れ始めてますわね。
選手は何も悪くないとは言わんけども、それ以上に球団の体質や首脳陣による采配の糞の紙屑っぷりに辟易するっつの。
カープへ声援を送るのが終わるXデーも近いでしょなー。
弱くても、負け続けても、応援の価値があるチームってのはあるんすが、今のカープにそれは見出せませんわ。
もうあきませんわ。

さぁさぁ。
気を取り直していこうじゃないの。
今日はまずあれだ、配信日だ。
なのでまずはコチラ。


rajovision_title800px.jpg
マスダタカヒロの『ラジョビジョン』
※ゲスト:霜村佳広(渋さ知らズオーケストラ・踊り手)


えー、今週で霜村佳広さんともお別れでございますよ。
最後までなかなかに聞き逃せない内容になっていると思います。
渋さ知らズのファンの方は必聴です。
配信開始は本日24時からですので是非是非よろしくどーぞ。

と、そういえば今週の月曜に、霜村さんはなんとまぁ、あの「DOMMUNE」に出演してましたよ。
驚いたわぁ。
観たら普通に出てんだもん。
フットワークの軽さと、繋がりの多様さに改めて感服致しました。
そんな霜村さんに出演いただけたのは本当にありがたい限りです。
次回以降も頑張っていきます。


さて。
いよいよ明日は「SR2 サイタマノラッパー2 〜女子ラッパー☆傷だらけのライム〜」の公開日ですな。





今回も評判良いみたいですよー。
みんなで観よう、サイタマノラッパー。
「愛のむきだし」であの異常にエロスな安藤サクラも出てますぜ。
とにもかくにも、「SR サイタマノラッパー」は先日DVDも出たですよ。
うーん、欲しい欲しい欲しい。


SR サイタマノラッパー [DVD]SR サイタマノラッパー [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント 2010-05-28
売り上げランキング : 565

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






がんばれ、入江監督!
※その理由はコチラ↓


映画監督入江悠 日記【なぜか東京を去る理由】


類稀な才能と作品に、出来る限りの還元を!
「Flowers」だとか「踊る大捜査線 THE MOVIE3 」だとかを観てる場合じゃねーんだ。
「踊る〜」の監督・本広や世界の亀山とかに、それこそ踊らされてる場合じゃないのよ。

そんな訳で、ラジョビジョンをお聴きになったらば、ゆっくり眠って早起きをして、新宿バルト9までダッシュ。
俺は行けないけどね。
でもたぶん来週行く。
絶対に行く。

って、俺まだ「SR サイタマノラッパー」を観てないけどねーっ!!

凄いよね、観てないのにここまで言えんの(笑)
たぶん、これが俺の才能なんだと思う。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジョビジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

ごめーんね。

さー、いよいよ本日、ここ数年で最も上質なコメディドラマ「素直になれなくて」が終わってくれますよー。
どんだけこの日を待ったか。
北川大先生、本当にお疲れさんした。
そして、永久にさようなら。


って、そんな無毛・・じゃなくて不毛な話はどうでもいいんだ。
大変な事になった。
大畑さん、オカンムリだ。
この記事を見よ!


大畑のフラボノトーク (復活祭)
【緊急ニュースと腹筋をきたえろ。】



これはヤバい。
冒頭の一文を抜粋します。


-------------------

どこに行っても熊のぷーさんと呼ばれます。

呼んだやつはぶっ殺してやんからね。

-------------------


こえー!
超怒ってるよー((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
デブが超怒ってるよー((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
やべぇ、デブとか言っちったー((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

とにかくまぁ、この場をお借りして、大畑さんには公式に謝罪をしておこうと思います。



ごめーん.jpg



よし、こんなとこだろう。
これできっと大丈夫。

って、そんなことよりも、6月30日のリバサイは凄い事になったねー。
あの福田くんが数年振りに叩くそうな。
あたしが一度目の脱退を繰り出した頃、リバサイを支えてくれていたのが福田くん。
リバサイは福田くんに頭上がらんなー(笑)
どの曲をやるんだろう?
恐らく「charge back」はやるだろうなー。
あれは福田くんがいなかったら出来てなかったかも知れない曲だしねぇ。
元祖「charge back」は必聴ですよー。


-------------------

2010年6月30日(水)@吉祥寺 Planet K

【ANOTHER WORLD】

open/start;18:30/19:00
adv/door;\2000/\2300

w:壺/ji's/57pictures/scarf

-------------------


と、辞めたバンドの宣伝を(笑)
だって、大畑さん怖いしー、ぶっ殺されんの嫌だしー。
しかしあれかな、熊じゃなくて豚だったら良かったのかなー?

とにかくです。
改めて大畑さんには謝罪の意を表します。










ごめーん.jpg

ぶはははは。
posted by マスダ at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

ぷ〜。

いやぁ何度見てもやっぱり似てる。


大畑さん?.jpg


先日、都内某所を歩いてた時に発見したんだけども。
くまのプ〜ですけど、これ、耳が無いんですよね。
で、キャバクラ的な店が、恐らくディズニーに無断で使用してるんだと思うんだけど、それを誤魔化すためか、耳をね、ザックリと排除してた。
ただでさえクマっぽさが無いってのに、俄然クマ%がゼロに等しくなってる。
すげーなー。
盲点だったわ。
耳とっただけでキャラ変わるもんだなぁ。

え?
誰に似てるのかって?
いや、だからその、この人ですよ。


藤原喜明.JPG


ぶははは。
ほんと似てるなー。
シャツの色まで一緒じゃん。
ぶはははははは。


さて、そういえばな話になるのですけども、先日、久方ぶりに人の割りにクマ%が高い、大畑さんが在籍するRiverside50/50の二人と会った。
その時の様子は、ぷ〜さ・・じゃなくて大畑さんのブログでご覧頂けますよ。


大畑のフラボノトーク (復活祭)


しかしねぇ、大畑さんにはラジョビジョンに出て貰ったりと、それぞれ片方ずつとはちょいちょい会ったりはしてたんだけども、3人揃ってというのは、相当久しぶりだったなぁ。
まぁ彼らのライブなどで会ったりはしてたんだけど、ライブなどとは完全に別口で会うとなると相当久しいもんでした。
今回はその他に、俺がリバサイ在籍時に大変お世話になった方達も一緒ではありましたが、遅れて到着した俺の席は、右に田家さんで左にクマのプーさ・・じゃなくて大畑さん。
うん、最高に面倒な座席。
二人とも酔いが回って声がデカい。
ワールドカップ開幕前にブブゼラ的な騒音をステレオで体感。
ブブゼラを聴いた時、この日の事を鮮明に思い出したくらい。
公害バンドマンだ、奴らは(笑)
まぁ何にしても久しぶりの邂逅で、お世話になった方達とも在籍当時の話になったり、これから先のそれぞれの話になったり、なかなか濃密な時間でありました。

気が付けばもう脱退して1年半ほど経ちます。
何が変わったのか、何が変わってないのか、色々と思い巡らせたりもしますが、それぞれの行く末が良いものである事を強く祈ります。

なーんつってー。


大畑さん?.jpg


やっぱそっくりー♪
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

変わらない景色。

わたくしマスダの日常生活は、基本的にテレビが中途半端なワンセグテレビしかないので、もっぱらラジオ。
でも、最近は野球中継をテレビでやらないので、むしろ野球中継をやってくれるラジオとこれまで以上に密接なお付き合いをしている。
ラジョビジョンもその中で産まれたといっても過言じゃないと思う。

で、先日。
TBSラジオでの野球中継。
その試合の解説は元・巨人のクセ者・元木。


クセ者―元木大介自伝


元木の解説は理論云々じゃなく、なかなか面白くて良い。
まぁ、元・プロ野球選手相応の解説はしているんだけど、単純な解説者よりも福本豊や吉田義男などの、まぁどちらかというと居酒屋解説が好きな俺にとって、関東でそれと似たような事が出来る元木の解説は毎回楽しみにしている。
で、その元木の解説で今年一番面白かったのが、とある選手がツーベースかなんかを打った時の話。
被害者はこの人。


UNAGI-INU.jpg
阿部慎之助


で、アナウンサーが阿部が放ったツーベースを見て、「今のバッティング、いかがでしょうか?」的な質問をしたのだが、質問を受けた元木はなかなか答えず。
その理由は、笑ってたから。
思わず、「えっ?」と声をあげてしまった。
なんだろう、この人。
なんか笑ってるんですけどー。
で、ようやく口を開いたと思ったら、一言だけこう言った。


「いやぁ・・・阿部選手ってのは、面白い選手ですねぇ。」


耳を疑った。
アナウンサーは、「今のバッティング、いかがでしょうか?」って聞いた訳で、阿部の面白さなんかは聞いてない。
全く想定していない回答にアナウンサーも俺も困惑。
そして、理由を問うアナウンサーと俺。
ようやく元木が答えようとするのだが、その回答が曖昧ではっきりしないかったのだが、要はするに・・・


「慎之助、足おっせぇなー(笑)」


って事だった様子。
なんだよ、それ。

ラジオでその時の様子が見れないのが悔しすぎるじゃねーか。

もちろん阿部慎之助が鈍足な事は野球ファンなら旧知の事実だが、改めてそんなにニヤつくようなシーン、俺だって観たいわ。
というよりも、それって解説なのか?
また、以前に世界の盗塁王・福本豊が、阿部がヒットを打ち一塁へ駆け込む姿を見てこう言った事がある。


「いっこも進んでへんがな。」


それと似たような状況ではあるのだが、解説そっちのけで笑っちゃってる元木ってどうなんだ。
単なる観客と一緒じゃねーか。

しかし、だ。
よくよく考えてみると、今シーズンでここまで「あー、超観たかった!」って思わせられた解説は無かった。
これって、実は案外凄いんじゃないだろうか。
野球ファンの心を揺さぶる、球場へ足を向けさせる解説なんじゃないだろうか。
単純に理論や経験を言葉で並べられても、ここまで心はときめかない。
しかも、もの凄いホームランでも好プレーでもない、ただただ「鈍足・阿部慎之助」という事態で、ここまで野球ファンの心を揺さぶるとは。
元木大介、恐るべし。

つーか、ちょっと待て。
そういや元木って、現役の頃って超が付く鈍足で有名だったじゃねーか。
人の事なんか言えないだろうに。
まぁ、その辺りもまた巨人っぽくない元木らしさで、解説を聴いていての楽しさに通じているのかもしれない。

と、ここで余談になるが、阿部慎之助。
最近見事に神掛かった恐ろしい打撃を披露しているが、この選手は確かに面白い。
いや、他球団ファンからしらた恐ろしい事この上ないんだけども。
個人的に好きなエピソードとしては、陽気で外国人特有の礼儀知らず(みんな対等だもん的)なウィルフィン・オビスポに対しても、ごく普通にクソ生意気な後輩に接するようで、本人が嫌がったにも関わらず「岩尾 通(いわお とおる)」という日本名をプレゼント。


岩尾通.jpg
「岩尾 通」


衆目監視の中、「通!通!」と連呼。
逆襲に出たオビスポに頭をはたかれ際には、「オマエ、先輩だぞ!」とやり返す。
なんつうか巨人的じゃないんだよなぁ。
いや、良い意味でなんだけど。

で、せっかくなので阿部慎之助の事を色々と調べてみた結果、思わず噴き出した本人のコメントを発見。
阿部慎之助後援会のオフィシャルサイトに阿部本人のプロフィールなどが掲載されてるんだけども、生年月日や身長・体重など項目の中にこんなものが。


「50m走」


んー。
この時点で期待感が増してたんだけど、その横に記載されていた本人によるコメントが最高。
ぜひご堪能をば。


-------------------

変形時.jpg


かなり遅いです。

小学生のときは運動会の徒競走が嫌いでした。

いくらはしっても景色が変わらないんで(笑)

-------------------

KE・SHI・KI・GA・KA・WA・RA・NA・I

なんとまぁ、自覚があったとは(笑)
んー。
悔しいが、俺は今、猛烈に東京ドームに行きたい。
阿部慎之助という選手の面白さを堪能したい。
それを思い起こさせた元木大介という解説者には、素直に感謝したいと思う。

最後に、あくまで人伝ての話ではあるのですが、元木が随分と以前に繰り出したらしい衝撃の解説を。



アナ「元木さん、今投げた球はなんでしょうか?」

元木「・・・何でしょうね?」



俄然、野球中継はTBSラジオです。


※追記※

阿部選手は現時点で日本プロ野球界では最高レベルの打者・捕手です。
その辺の真面目に素晴らしい話は、下の動画で堪能出来ます。
脅威のバッティング技術です。





posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

最近の話。

髪ば切りました。
久しぶりに切ったのですが、可愛い感じになりました。
来年30代になりますが、年々可愛さが増してると思います。
これからもどんどん可愛くなろうと思います。

さて、いよいよディープインパクト産駒がデビューしましたな。
勝ち馬は出なかったようですが、まぁ大物感のある仔達はこれから夏以降に出てくるはず。
個人的にはゴールデンサッシュとの仔である「ザルグーン」が良いかと。
馬体写真を見る限りですが。
まぁ、素人目なんですが今まで見てきた経験上、シルエットが奇麗な馬ってのはやっぱりそこそこ走るすよね。
シルエットが奇麗って言っても、恐らくは俺の好みの問題だと思うんだけども。
ザルグーンは良い具合にシュッとしてんだよなぁ。
ゴテゴテしてない身体なので、鍛えればもっと良い馬体になるかと。
既に話題の馬ではあるんだけど、ぜひ活躍を期待したいなぁ。
それにしてもディープの三冠って2005年だったらしく、もう5年も経過しとる。
それでもあの衝撃は一生モノなんだろうなー。
という訳で、お裾分けです。





しかしほんと時間が経つのは早いわー。
そりゃー30代も見えてくるってもんだなぁ。

それはそうと、ワールドカップ。
今回は前回同様あんまり見てないんだけど、前回よりは楽しんでます。
岡田監督って前回の時からもうずっと好きじゃなかったんだけど、今回のW杯でだいぶ変わった。
いや、結果云々じゃなくて、今のあの人、もう心境的には感情が爆発した子供が両手をぶんぶん振り回す感じだと思うんだけど。
でも、直前の迷走っぷりから開き直ったあの感じは見ていて面白い。
笑えるって意味でもあるんだけど、もうグループリーグ突破出来なくても批判しまい。
だって、今のあの人って最高に面白いから。
選手も同様になってて良い。
もっと早くやれよ、って話かもしれないけど、たぶんあの心情・開き直りはここに来てじゃないと出来ない代物でしょ。
だから面白いし。
スラムダンクで言うとこの「断固たる決意」が出来てると思う。
だから勝っても負けても観てて楽しめる。
でも、デンマーク戦に勝って、決勝トーナメント行って、番狂わせを演じられるだけ演じて欲しい。
日本が強い!とかじゃなくて、その番狂わせ感をもっと観たい。
グチャグチャにしてしまえ!って思う。
まぁ既にイタリア・スペイン・フランス・イングランドとかヤバそうな雰囲気プンプンでとっても楽しいです。

あ、そのワールドカップの裏で相撲界が最も激しい事になってますな。
腐ってるというか、前時代的なものがそのまま残ってただけで、急に近代化してる状況に泡喰ってるだけだと思うだよなぁ。
相撲って競技の性質上、どうしても前時代的なものが今まで許されて来てただけで、「かわいがり」問題などが表面化した事によって近代化が進められてく中、こういう事が露見して膿を出していく最中なんだと思うのですよ。
今の時代で言う健全性なんか、「伝統」ってもんの中じゃ屁でもなかった訳で、それが変わるってのにはこれくらいの事も起きると思う。
まぁプロ野球にも黒い霧事件など様々あった訳ですし、いいんじゃないだろうか、人気の低迷によってまた正しい方向に進もうとするってあると思うし。
巨人なんかその典型だと思うもの。
一度もうどうしようもない状況に至ってからの方が、諸々と建て直しやすいだろうしねぇ。
前述のサッカーも、本戦前にそういう状況に陥ったって考えれば、ほら、良い感じ。

カープも今年、このまま中途半端な結果出すよりは、グチョングチョンになって、オフにいよいよ補強を含めた大々的な楔入れをして、来年以降に頑張って欲しい。
まぁ、今は今であのバーサク打線を観てるのも楽しいですけどもね。

はてさて、もうすぐ夏がやってきますけども、6月は1日から毎日更新してる訳で、たまにはこういう時事ネタも入れてかないと、ネタが持たないって事で許して欲しいな。
素人の戯言ですから、やり過ごしてやって欲しいな。
オッパイの話とか、ほんとはしたいんだけね。
それはまた後日、ネタに詰まった時にすることにします。

あ、綾瀬はるか、交際否定したね(笑)
いいのに、そんなん。
そんなの飛び越えて俺は好きだもんね。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。