2010年07月14日

7月5日−7月11日

【7月5日】

前日にカープ・篠田純平が復帰後2勝目を上げた事が本当に喜ばしかった。
最近のカープに鼻持ちなら無いくらいの感情を抱いていたので、久しぶりに晴れやかに気持ちでカープを応援出来たのが嬉しかった。
ありがとう、篠田純平。
キミ、サイコー。

帰宅時に笑えるほどの豪雨に襲われる。
この日に一週分の食料等々の買い物を予定しており、それを断念したくなかったので強行。
金玉の裏側までびしょ濡れ。
ある意味で清清しい。



【7月6日】

日常生活がプロ野球を中心にして回っている為、終始天候の行方に気を揉む。
この日は広島×巨人で、巨人主催の地方試合。
場所は福島であった為、自分のいる地点との天候差が把握出来ず。
結局は開催され事無きを得たが、野球中継をラジオで聴けない日と聴ける日では生活のハリが違うので個人的には死活問題。
中継後は巨人のPCサイトで試合の動画チェック。
負けたし継投も最低だったが、打つほうに関して言えば期待が持てると言えば持てるし、持てないと言えば持てない。
というのも、なんでこんなに打ってるのかよく分からんから。
裏打ちの無い打撃爆発状態がもう随分と続いている。
なんだろうか、これは。

対巨人 【7−8】 ● 負け投手:広池浩司



【7月7日】

七夕。
この歳になって短冊になんて書くかを真剣に悩む。
結果出た答えは、「プロ野球選手になりたい。」だった。
我ながら自分自身に危機感を抱く。
仕方が無いので、<3つまで書いて良し>というルールと追加。
しかし出て来た答えも惨憺たるもので、「ちんこをデカくしたい。」と「野村謙二郎の解任」であった。
なんかもう、コレを書いてる今時点では最後の野村解任以外はどうでもいい。
あんな願いが通じる訳ないし。
でもまぁ、現実的な「結婚したい」や「子供ほしい」や「東京の北側から離脱したい」などを願わなかったのは、自分の力でどうにかしようという気持ちの表れであると信じる。
出てこなかった訳じゃない、決して。
言い訳ではない、決して。

とりあえず、この日はマエケンが見事に勝利。
ハーラートップタイの11勝目。
オジサンはキミの肩だけが心配です。
中継ぎ以降がゾンビと化してる故、必要以上に投げ続けてるから。
このまま行くと、30歳前にはパンクするぞ。
昔の選手みたいに。

対巨人 【8−2】 ○ 勝ち投手:前田健太



【7月8日】

カープは移動日の為、試合無し。
何したっけか。
しっかり忘れてる。
そういう日が多くなってる。
困る。



【7月9日】

雨天の為、カープの試合は中止。
こうなると一日のペースが乱れる。
帰宅後、ラジョビジョンの配信準備。
今週からゲストが栗崎宏幸さん。
通称・クリカン。
Riverside50/50の「94hours」って曲のPVを撮ってくれた監督。
更に言えば、大学の同期である女史の弟。
かれこれ長い付き合いなるが、ここまで気兼ねなくいれる年下はいないと思う。
不思議な男である。
配信用にラジオを聴き返してみてクリカンの言葉につい笑ってしまった。
劇的な大怪我の話も何故か笑えてしまう。
不思議な男である。

対ヤクルト 【雨天中止】



【7月10日】

我が家の洗濯機がお逝きなってしまって早数週間。
この日も近くのコインランドリーへ出張。
Twitterでフルカワタクマ(ex-シルバニアスリープ)とわいわい。
「ex」では無いか。
まぁ、いいか。

この日の野球はデーゲーム。
スライド登板かと思われた篠田が先発。
呪われたように勝てていないカツオ石川が対戦相手。
結果はこちらが呪われたように打ちきれず石川に3勝目を献上。
篠田、復帰後初の敗戦。
まぁそんな日もあろうよ。
次回に期待しよう。

2駅先の喫茶店に行く。
前から気になっていて、そのうち行こうと思ってた店。
そういう場合、期待が大きい分がっかりする事が多いんだけど今回は当たり。
小さな幸せを得る。
帰りしなブックオフで松久淳の本を購入。
それ系の本も久々だったけども、読めば読んだで結構楽しめている。
40年間続いたダイエーが幕を引くのを目の当たりにした。
叩き売りをしてたので俺も頑張ろうかと思ったけども、結局その状況に怯み2、3個だけ欲しかった調味料を購入するに留まる。

そういえば、インスタントコーヒーの「Blendy」に感動。
水に溶ける。
CMで原田知世が「まだですよー♪」と言ってるイメージしかなかったが、馬鹿にしてましたごめんなさい。
超反省した。
一手間掛かった作りに感動。
結果飲みまくり、そのせいで明け方まで寝れず。

対ヤクルト 【2−5】 ● 負け投手:篠田



【7月11日】

明け方まで眠れなかったのが嘘のように早起き。
その勢いで投票所へ行く。
午前中であった為か、周りが言うほど人はいなかった。
この一票で何かが変わりますように、と祈る思いで投票。
なので何も変容が無かったら俺は怒る、と決める。

2軍に降格させていたスタルツを早速復帰させる首脳陣にモヤモヤする。
案の定、しっかり負けてくれました。
「あと1本が出ない。」を繰り返しすぎ。
9回に相手守護神・林昌勇を1アウト3塁と追い詰めておいて、1・2番が初球をポカポカと打ちゲームセット。
僅か8球でゲームセット。
舌を噛み切りそうになる。

夜はモヤさまから選挙特番と続く大江麻理子デー。
テレビ東京、よく分かってるじゃないの。
池上彰も非常に良く、なかなか良い時間を過ごした。

で、一度普通に寝入ったのだけど、何故か4:30頃に起床。
ジジイか俺は。
仕方が無いのでワールドカップ決勝を観戦。
スペイン、おめでとう。
俺がスペインを応援してた頃を考えると、こんな日が来るとは信じれない気持ちでいっぱい。
俺が好きだった当時の選手は今や誰一人として代表に居ないのは残念だけども。
と思ってたら、フェルナンド・イエロがスペインサッカー協会のスポーツディレクターだそうで。
それは良かった。
感慨一入であります。
しかしラウルとモリエンテスの2トップは、もう2度と観る事は叶わんのだろうか。
レアルなんぞ出て行っちゃえばいいのになぁ。
あと、デルボスケって監督はレアル時代もそうだったけど、ほんとにまぁチームワークを構築させるのが本当に上手いんだねぇ。
とか何とか考えながら、もう一度寝に入った。

対ヤクルト 【2−3】 ● 負け投手:スタルツ
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 週間日誌。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156233439
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。