2010年06月22日

変わらない景色。

わたくしマスダの日常生活は、基本的にテレビが中途半端なワンセグテレビしかないので、もっぱらラジオ。
でも、最近は野球中継をテレビでやらないので、むしろ野球中継をやってくれるラジオとこれまで以上に密接なお付き合いをしている。
ラジョビジョンもその中で産まれたといっても過言じゃないと思う。

で、先日。
TBSラジオでの野球中継。
その試合の解説は元・巨人のクセ者・元木。


クセ者―元木大介自伝


元木の解説は理論云々じゃなく、なかなか面白くて良い。
まぁ、元・プロ野球選手相応の解説はしているんだけど、単純な解説者よりも福本豊や吉田義男などの、まぁどちらかというと居酒屋解説が好きな俺にとって、関東でそれと似たような事が出来る元木の解説は毎回楽しみにしている。
で、その元木の解説で今年一番面白かったのが、とある選手がツーベースかなんかを打った時の話。
被害者はこの人。


UNAGI-INU.jpg
阿部慎之助


で、アナウンサーが阿部が放ったツーベースを見て、「今のバッティング、いかがでしょうか?」的な質問をしたのだが、質問を受けた元木はなかなか答えず。
その理由は、笑ってたから。
思わず、「えっ?」と声をあげてしまった。
なんだろう、この人。
なんか笑ってるんですけどー。
で、ようやく口を開いたと思ったら、一言だけこう言った。


「いやぁ・・・阿部選手ってのは、面白い選手ですねぇ。」


耳を疑った。
アナウンサーは、「今のバッティング、いかがでしょうか?」って聞いた訳で、阿部の面白さなんかは聞いてない。
全く想定していない回答にアナウンサーも俺も困惑。
そして、理由を問うアナウンサーと俺。
ようやく元木が答えようとするのだが、その回答が曖昧ではっきりしないかったのだが、要はするに・・・


「慎之助、足おっせぇなー(笑)」


って事だった様子。
なんだよ、それ。

ラジオでその時の様子が見れないのが悔しすぎるじゃねーか。

もちろん阿部慎之助が鈍足な事は野球ファンなら旧知の事実だが、改めてそんなにニヤつくようなシーン、俺だって観たいわ。
というよりも、それって解説なのか?
また、以前に世界の盗塁王・福本豊が、阿部がヒットを打ち一塁へ駆け込む姿を見てこう言った事がある。


「いっこも進んでへんがな。」


それと似たような状況ではあるのだが、解説そっちのけで笑っちゃってる元木ってどうなんだ。
単なる観客と一緒じゃねーか。

しかし、だ。
よくよく考えてみると、今シーズンでここまで「あー、超観たかった!」って思わせられた解説は無かった。
これって、実は案外凄いんじゃないだろうか。
野球ファンの心を揺さぶる、球場へ足を向けさせる解説なんじゃないだろうか。
単純に理論や経験を言葉で並べられても、ここまで心はときめかない。
しかも、もの凄いホームランでも好プレーでもない、ただただ「鈍足・阿部慎之助」という事態で、ここまで野球ファンの心を揺さぶるとは。
元木大介、恐るべし。

つーか、ちょっと待て。
そういや元木って、現役の頃って超が付く鈍足で有名だったじゃねーか。
人の事なんか言えないだろうに。
まぁ、その辺りもまた巨人っぽくない元木らしさで、解説を聴いていての楽しさに通じているのかもしれない。

と、ここで余談になるが、阿部慎之助。
最近見事に神掛かった恐ろしい打撃を披露しているが、この選手は確かに面白い。
いや、他球団ファンからしらた恐ろしい事この上ないんだけども。
個人的に好きなエピソードとしては、陽気で外国人特有の礼儀知らず(みんな対等だもん的)なウィルフィン・オビスポに対しても、ごく普通にクソ生意気な後輩に接するようで、本人が嫌がったにも関わらず「岩尾 通(いわお とおる)」という日本名をプレゼント。


岩尾通.jpg
「岩尾 通」


衆目監視の中、「通!通!」と連呼。
逆襲に出たオビスポに頭をはたかれ際には、「オマエ、先輩だぞ!」とやり返す。
なんつうか巨人的じゃないんだよなぁ。
いや、良い意味でなんだけど。

で、せっかくなので阿部慎之助の事を色々と調べてみた結果、思わず噴き出した本人のコメントを発見。
阿部慎之助後援会のオフィシャルサイトに阿部本人のプロフィールなどが掲載されてるんだけども、生年月日や身長・体重など項目の中にこんなものが。


「50m走」


んー。
この時点で期待感が増してたんだけど、その横に記載されていた本人によるコメントが最高。
ぜひご堪能をば。


-------------------

変形時.jpg


かなり遅いです。

小学生のときは運動会の徒競走が嫌いでした。

いくらはしっても景色が変わらないんで(笑)

-------------------

KE・SHI・KI・GA・KA・WA・RA・NA・I

なんとまぁ、自覚があったとは(笑)
んー。
悔しいが、俺は今、猛烈に東京ドームに行きたい。
阿部慎之助という選手の面白さを堪能したい。
それを思い起こさせた元木大介という解説者には、素直に感謝したいと思う。

最後に、あくまで人伝ての話ではあるのですが、元木が随分と以前に繰り出したらしい衝撃の解説を。



アナ「元木さん、今投げた球はなんでしょうか?」

元木「・・・何でしょうね?」



俄然、野球中継はTBSラジオです。


※追記※

阿部選手は現時点で日本プロ野球界では最高レベルの打者・捕手です。
その辺の真面目に素晴らしい話は、下の動画で堪能出来ます。
脅威のバッティング技術です。





posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。