2010年06月20日

灼熱の狂宴。

マックに行きたい。
いや、ビッグマックとかの方じゃなくて。
こっちのマック。


マック.JPG


下北沢に昔から通っている人ならご存知の方もいると思うんだけども、南口からミスド方面へ進んでいくと、左手に地下に入る階段があって。
で、もう本当に俺好みな洋食系メニューを食べさせてくれる名店だった。
うん、「だった。」なんだよなー。
もう2年前くらいに閉店されていて。
下北沢の財産が失われた瞬間だったなー。
閉店する前に数回程度しか行った事なかったけど、強くそう思う。
だから今は下北に行くと、「千草」か「とん水」くらいにしか行けない。
いやー、探せば良い店ってあるんだろうけど、どうにも根が出不精だから億劫で。

そういや、「マック」で一回だけ味も分からなくなった事があった。
いつものようにごく普通に食べてたら、右隣の席に柄本明さんが居てね。
「うわ!柄本明だ!!」って心の中で叫んだ。
声を掛けるか掛けないか、本気で悩んだ。
小さい頃から好きだったから。
志村けんのバカ殿様でのあの名演をね、見て育った口だからね。
で、マックのご主人には本当に申し訳なかったけど、味が分からんくらいになってた、と。
しかしねぇ、ここがまた俺だなーって思うんだけども、見事に声を掛けれず。
あんなチャンス二度と無いのにねぇ。


あ、なんでこんなグルメな話から入ったかって、サッカー日本代表はオランダに負けてしまったようですが、我が広島カープは見事に前田健太がやってくれたからですよ。
どうです、この勇姿!


ABSの前田健太選手.jpg


マッエッケン!マッエッケン!
マッエッケ・・・あれ、これ間違えたな。
これはほら、ABS CLUB ボクシングの前田健太選手だな。
こっちだこっち。


20100619-00000526-sanspo-base-view-000.jpg


マッエッケン!マッエッケン!

※ABS CLUB ボクシングの前田健太選手、本当にごめんなさい。

いやー、これで交流戦の終盤から掛けての4連勝。
結果は5−1での勝利でしたが、ね、案の上ですよ、これは。
いや、だから、バーサク化した野手陣が止まらないって話です。
だってね、この試合の山場は6回裏だったんですがね、バーサク打線の爆発を、灼熱の狂宴っぷりを以下に記しておきます。

3番:嶋     ⇒ 右中間へのホームラン
4番:ヒューバー ⇒ 左中間へのホームラン
5番:廣瀬    ⇒ レフトへのヒット
6番:赤松    ⇒ レフトへの2ランホームラン

はい。
ここで問題。
この試合、球場はどこか。
神宮じゃないです。
まぁ、つまり広島のズムスタな訳ですがね、あそこ、広いんですよ。
あの広いズムスタで、こいつらは一体何をやってんだと。
広島伝統の機動力野球なんざ糞喰らえな一発攻勢。
そりゃー「ヤクルト・石川をこれ以上いじめないでくれ!」と言うクレームの電話の一本も入りますよ。

ん?
誰って、決まってるでしょ。
この人ですよ、この人。


終了.JPG


気持ちは大いに分かるんですよ。
確かに今年の石川は見るも無残ですからね。
でもねー、なんだかんだでヤクルトも5位まで上がってきてるんですから。
ウチだった容赦なんか出来ねーんだよ!と、一喝。
取りこぼす訳にはいかんのですよ。
さー、そしていよいよ中日の背中が見えてきたぜぇ!

と、思って巨人×中日の結果みたら、クルーンが最後の最後にブランコに3ランをドカンと喰らってやがった。
頼むよー、もう。
来週末に中日との直接対決あるけど、その頃までバーサクしてらる保障なんか無いんだからさー。
今のうちに詰めておかんと。

とか言ってるけども、今のこのバーサク状態が本当に泡モノだって事は気付いてますから。
オールスター前にはとんでもない事になるはずですから。
そうなった後は、いつもの定位置であるセ・リーグ5位の椅子をがっちりキープですから。
毎年そうなんですから。
もう変な期待する辞めたんですから。
もう涙も出やしないんですから。

とりあえず、バーサクすんのは構わんけども、みんな怪我には気を付けてね。
見てて恐いよ、今の状態。

あ、そうそう。
ヒューバーについては、また別件で報告を挙げようと思います。
簡潔に言うと、あれはたぶん、中の人が変わったんだと。

ではまた。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉人。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。