2010年05月31日

ピーナッツの使い方。

映画「南極料理人」を見た。
久しぶりに何も考えずに観れた映画だった。
沖田修一監督は、ネット番組の「なんでもアリタっ! 」内で「まりもさん」という非常にオレ好みなショートムービーも撮っていて、この「南極料理人」もずっと観たかった作品。
そういう意味では意気込んで見始めるたはずなんだけども、開始数秒で良い意味で脱力させられて、その後はツルツルと最後まで行ってしまった。
出演してる豊原功補に冒頭で相当笑わされた。
くそ。
この人ってこんなの出来たのか。
意外も意外だった。
ちょっと好きになる。

いやー、しかし沖田さんって人はやっぱり凄く良い。
調べたらまたもや大学の先輩である事が判明。
まったく関わりなんざ無いですけどもー。
うちの大学にも才能が転がってたんだなー。

そういや「SRサイタマノラッパー」の入江悠さんも先輩。
まったく関わりなんざ無いですけどもー。
しかし先輩の作る映画が好きって、恥ずかしいような気もするが凄く嬉しい事だと思う。

沖田さんの次回作、どんな感じになるんだろ。
早く観たい。
だいたい年に一本は撮ってるみたいだし、そろそろ話も出そうだなぁ。

あ。
「南極料理人」では音楽を阿部義晴が担当してて、それがまた映画の内容と相まって非常に良い。
「南極料理人のテーマ」って曲があまりに愛らしくてサウンドトラックが欲しくなっている。
サントラなんて買ったことないが、ここまで思わせる阿部義晴、やっぱすげぇなー。

とにかくね、何も考えずに楽しめるって、やっぱり素敵よね。
そういう映画が本当に好きだ。
先日観た「アンフェア」では終始悪い意味で脱力させられた分、これは本当に気持ちが晴れた。
「アンフェア」を一緒に見ていた方が的確に一言、「映画館で見てたら金返せって言ってるわ。」と。
ごもっとも。
さてこの映画、調べてみりゃあライムスター・宇多丸さんの言う「世界の亀山モデル」ってやつだった。
亀山千広っていうプロデューサーの際限無いテレビ屋感は本当に溜まんない。
全身全力で悪い意味で。
誰も得しませんよー、って誰か教えてあげて欲しい。
そりゃあ宇多さんもボロカスに言おうってもんだーなー。

とにもかくにも、沖田修一監督の次回作を早く観たい。
そしてもう「世界の亀山モデル」はこりごりです。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。