2010年01月22日

余談。

どうも。
まったくもって地元愛の無いマスダです。

昨日お話ししました件で追記をば。
「東京23区で住みたくない区BEST3」を聖闘士星矢で例えようと。
1位・足立区と2位・板橋区の差は、青銅聖闘士と黄金聖闘士くらいに差がある訳。
ちなみに2位と3位は黄金聖闘士だけども、その実力差は蟹座のデスマスクと魚座のアフロディーテね。
デスマスクは下衆過ぎて聖衣から見放されるってくらいもう救いようが無いけども、アフロディーテだってカマ野郎だかんね。
どちらも思いっきり残念な人達だ。
詳しく知りたきゃ読んでくれ。
何にしても更に早く引っ越したくて仕方なくなったのはお察し頂けたかと思う。

ちなみに、ファミコンのゲームで例えると、1位・足立区は「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険」ね。
詳しくはコチラへ。

ファミコン名作の杜

名作の杜さんの言葉を借りますと、


「ファミコン史上にその名も轟く、世紀の問題作。
予備知識なしで安易に挑めば、雄大な時の流れの中で、人は何のためにゲームをプレイするのか、と自問することになる。
カルト系苦行ゲームの先陣を切った記念碑的作品。」


ちなみに動画も発見。
見てくれ、このクオリティ。


「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険」

フィールド画面は足立区をモデルにしてます。

では2位・板橋区。
板橋はね、空前絶後のクソゲーである西遊記まで行かないものの、まぁご他聞に漏れずもちろんクソゲー。
率直に言うと、2位・板橋区は「光GENJIローラーパニック」。
説明が面倒なので動画をご覧下さい。


「光GENJIローラーパニック」

要はするに、光GENJIがローラースケートを何者かに盗まれちゃったからその犯人を探し出してローラースケートを取り戻そうってゲーム。
革命的に面白くない。
ちなみにこのゲーム、なんとディスクシステムでした。
売れねぇよ、こんなん。
だいたいローラースケートなんか買いに行きゃいいだろが。

そして3位・練馬区。
こちらも超級のクソゲー、天下無敵の「水戸黄門2」。
以下の一言が全てが物語ってます。

「ついに世界に進出した黄門様。アメリカやイタリアを舞台に、今度は世界を世直しだ!」

わお。
光圀がアメリカ?
動画もどうぞ。


「水戸黄門2」

ちなみに、このゲームについてはこのサイトさんは最も適切にレビューされてます。

LOGIC&MATRX

とまぁ、今回はなんか人の力を借りたクソゲー紹介記事みたいになりましたが、要はするに3区とも非常に厳しいクソ区である、と。
でもまぁ、足立区は別格です。
上記3つのゲームをやった事がある方には良く分かって頂けるかと。

そうそう。
クソゲー探しをしてたら、とんでもないの見つけた。
これはやったこと無いんだけど、見るからに危険だ。


「もっとも あぶない刑事」

ハンパないな、これも。
posted by マスダ at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔板橋駅の地下には米海軍基地があるんやって大畑に嘘つかれたわ。
Posted by ゆき at 2010年01月23日 23:05
ありましたな(笑)
「だから坂が多い」って理由だったかと。
Posted by マスダ at 2010年01月23日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138935349

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。