2009年05月31日

ありがとうございました。

つーわけで、無事に『たぶんオーライ』が終わりました。
虫歯も大人しくしてくれてましたね。
よかったよかった。

とにもかくにも、大畑修一くん荒井佑允くん、どうもお疲れ様でございました。
そしてありがとう。
また機会があると良いですな。

大畑&荒井.JPG

まぁ、しかし、「ゆるくやる」ってのは難しいね(笑)
うまく着地出来ただろうか。。。
もちろん演奏は精一杯やりましたけどね。
個人的には課題は残る内容だったな。
精進せないけませんわ。

で。
楽屋では3ヵ月ぶりの邂逅。

藤原喜明.JPG

「3人揃うと、どこかへワープ。」みたいなルールが欲しい。
微妙な気恥ずかしさはある、間違いなく。
それにしてもこの写真、手前の彼がこの人↓にしか見えなかった。

組長.jpg

妙な貫禄に磨きがかかってんな(笑)
色んな意味で楽しませて頂きました。
呼んでくれてありがとうございました、組長。
じゃなかった、大畑さん。
また、何かしらの形で、ね。

そして、荒井くん。
彼はほんとに素晴らしいな。
まともに話したのは先日のスタジオからだけど。
同い年なんだけど、優しくて良い男なんだ。
見習いたいね、何かと。
そして、また一緒に演奏したいと素直に思う。
曲も歌も、筋が通ってて良いんだよなぁ。
機会があれば、また荒井佑允とやりたい。
そんな風に思います。

最後に。
帰りの電車で、赤子にめちゃくちゃ笑われた。
何故なんだ。
俺を見る度に笑っておった。
まぁ可愛いからいいけど。
しかし、ほんとに何故なんだろう(笑)
posted by マスダ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 打楽の話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。