2009年03月08日

機微

いやぁ、もう随分とご無沙汰しました。
先月末からここまで、かなりビッチリと濃い生活を送っております。
とりあえず先月頭にバンドを脱退してから、今までの何かを取り戻すように(笑)

さて、唐突ですが、僕には西原くんという友人がおります。
先日、彼を我が家に招いてカレーを作って貰ったんですね。
それがまぁ、旨いのなんの。
モリモリ喰った訳です。
デブまっしぐら、ってくらいにカレーを飲み干しましたね。
グビッと。
ありがとう、西原くん。
あ、我が家に来る前に、バッティングセンターへ行ったんですが、引き分けでした。
ルールは簡単。
ピッチングマシーンの囲われたネットの上に飛ばした打球の数の勝負。
熾烈な争いでした。
お互い20球中、2本の柵越え。
いや、ほら。
俺も彼も、どちらかというと転がして足でどうにかするタイプなんで。
イチロー系っつうか。
あ。
WBCの話は後日ゆっくりと。
掻い摘んで韓国戦について言える事は、渡辺のピッチングに尽きると思います。
サラッと交代しましたけど、次戦以降でのポイントになると思います。

さて、またも唐突なのですが、僕には一つ年下の弟がいます。
とある事情で最近は週に一回くらいの頻度で会っているのです。
とあるプロジェクトを進行中なのですが、それをしっかりとした形にするべく勤しんでます。
はようお届けしたいもんです。
で、全然関係無いんですが、そんな弟くんは既婚者なのですが、弟夫妻と巨大ショッピングモール(?)に行ってきたんです。
そこがねぇ、またすげぇの。
消費者の心をくすぐるっつーか、衝動的に買わせるようなシステムなんだな。
で、見事にそんな空気感に乗せられて、ポイポイと購入してしまう僕がいました。
ダメだ、こんな事じゃ。
でも、あれは人を狂わす磁場が出てるね間違いなく。

さて、更に唐突なのですがね、ひな祭りでしたね。
ひな祭りって、僕の人生とはかなりかけ離れたポジションにあるのですよ。
うち、男家系だし。
で、改めて振り返ってみて、物凄い事を思い出したんですな。
その昔、確か僕が幼稚園だか小学一年生だかの頃の話。
当時、何かよく分からないけど、ある女の子の家のひな祭りに、お呼ばれした事があったんですわ。
で、とりあえず誘われたもんだから、特に何も考えなしにホイホイとその娘の家に行ったんですね。
そしたらほら、もう異世界も良いとこですよ。
観た事もないような段差に積まれた人形がね、俺を見下してやがる訳です。
しかも、その家のお母さんやらその娘達が、何やら良く分からん事を言ってるんですねぇ。
いや、たぶん普通の会話内容だっと思うんですが、何しろ物凄いアウェー感で言語すら理解出来なかったんだと。
もうハナっからケツまで、「は、早く帰らしてくれっ!!」って思ってましたね。
とにかく、その後の僕に軽いトラウマを残すような出来事だったんですよ。
で、会がようやく終わり、僕は涙を拭きながら帰宅したと思うんですがね、その数か月後に更に追い打ちをかける出来事が。
僕をひな祭りに呼んだ娘、その頃はどうも僕の事を好きだったらしいのです。
が、しばらくして他の男子を好きになったみたいなんですねぇ。
でね、ここで問題。
今まで、自分の親やうちの親をも巻き込んで、彼女は僕にスキスキ大作戦を展開していたらしく、今になっていきなり他の男が好きになったとは言いづらかったんでしょう。
で、彼女は思い付く訳ですよ。
彼女は自分の母親にこういう訳です。

「マスダくんに、いじめられた。」

わぁ。
この悪魔の様な作戦で、見事に自分の親を取り込み、その親づたいに僕は自分の親から取り調べを受ける始末。
あまりの衝撃的な展開に、僕は無実を訴える気力も起きず、生まれて初めて呆れ笑いを浮かべるのでした。
まぁ、その後、うちの親には事の顛末を説明し、無実を晴らしましたが、もう面倒なので彼女を責める事はしませんでした。
というよりも、むしろ女という生き物の恐ろしさをまざまざと見せつけられた僕は、それからしばらく女性不信に陥ったのです。
そういう訳で、僕にとってひな祭りっていうのはですね、このトラウマを蘇らせる苦手な行事であるのです。
ひな人形を見ると、未だにその娘の顔を思い出すんですから、始末が悪いですよねぇ。
まぁ、男女関係の機微を教えてくれた彼女には、今となっては感謝すらしてますがね(笑)

と、どうでも良い話が長くなりましたが、また今月もよろしくお願い致します。
posted by マスダ at 23:38| Comment(2) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1つ訂正。


俺は秋山タイプだから。
Posted by サイバラ at 2009年03月09日 23:05
だったら飛ばせや(笑)
Posted by ますだ at 2009年03月11日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。