2009年02月06日

トルコ・シンバルの話

という訳で、今日はトルコ・シンバルの話。
現在、世界中で最大のシェアを誇るZildjian(ジルジャン)。
で、それに追随するのが、SABIAN(セイビアン)って会社です。
恐らくほぼ100%の打楽器奏者が両方を叩いた事と思います。
何でかって、日本中どこのスタジオ・ライブハウスに行っても常備されてるんですな。
大よそZildjianが8割、SABIANが2割ってところだろうか。
まぁ、そりゃ叩いた事がある訳すよ。
でね、Zildjianってのは、今はアメリカの会社なんだけど、元の発祥地はトルコなんすな。
で、SABIANってのは、そのZildjianの派生だからね。
Zildjianの親父さんが無くなってアメリカの工場を兄が、カナダの工場を弟が継承して、そのカナダの工場がSABIANって名前に変えたんすね。
だから、元を辿ればどちらもトルコに行き着くんすなぁ。
ISTANBUL(イスタンブール)社なんか、名前からして都市名だもんね。
ちなみにISTANBULの創業起源ってのも、辿ると結局はZildjianなんですけどね。
他にもBosphorus(ボスフォラス)にTurkish(ターキッシュ)、全く知らなかったけどMasterWork(マスターワーク)ってのもあるそうで。
まぁ、Turkishも辿るとISTANBULの派生なんで、結局はZildjianなんだよなぁ。
すごいね、トルコ。
それにZildjianも。

ちなみに個人的な好みとしては・・・
1位・・・Zildjian
理由:やっぱオールドAやKの魅力は、他の追随を許さないでしょう。

2位・・・ISTANBUL
理由:一度だけ鳴らした事があるんすが、これまた艶があるんですな。

3位・・・Bosphorus
理由:叩いた事無いので。このメーカーはZildjian系では無いそうです。

というところすかねぇ。
なんかこんな話を書いてたら、無性にシンバルが欲しくなってきてしまった(笑)
ちなみに、僕が今一番欲しいシンバルは、オールドK.Zildjianの20インチ。
価格はですね、大よそ200000円ほど。
2万じゃないっす、20万っす。
あはは。
そんなん買えねーっての(笑)
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | 打楽の話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。