2010年05月31日

ピーナッツの使い方。

映画「南極料理人」を見た。
久しぶりに何も考えずに観れた映画だった。
沖田修一監督は、ネット番組の「なんでもアリタっ! 」内で「まりもさん」という非常にオレ好みなショートムービーも撮っていて、この「南極料理人」もずっと観たかった作品。
そういう意味では意気込んで見始めるたはずなんだけども、開始数秒で良い意味で脱力させられて、その後はツルツルと最後まで行ってしまった。
出演してる豊原功補に冒頭で相当笑わされた。
くそ。
この人ってこんなの出来たのか。
意外も意外だった。
ちょっと好きになる。

いやー、しかし沖田さんって人はやっぱり凄く良い。
調べたらまたもや大学の先輩である事が判明。
まったく関わりなんざ無いですけどもー。
うちの大学にも才能が転がってたんだなー。

そういや「SRサイタマノラッパー」の入江悠さんも先輩。
まったく関わりなんざ無いですけどもー。
しかし先輩の作る映画が好きって、恥ずかしいような気もするが凄く嬉しい事だと思う。

沖田さんの次回作、どんな感じになるんだろ。
早く観たい。
だいたい年に一本は撮ってるみたいだし、そろそろ話も出そうだなぁ。

あ。
「南極料理人」では音楽を阿部義晴が担当してて、それがまた映画の内容と相まって非常に良い。
「南極料理人のテーマ」って曲があまりに愛らしくてサウンドトラックが欲しくなっている。
サントラなんて買ったことないが、ここまで思わせる阿部義晴、やっぱすげぇなー。

とにかくね、何も考えずに楽しめるって、やっぱり素敵よね。
そういう映画が本当に好きだ。
先日観た「アンフェア」では終始悪い意味で脱力させられた分、これは本当に気持ちが晴れた。
「アンフェア」を一緒に見ていた方が的確に一言、「映画館で見てたら金返せって言ってるわ。」と。
ごもっとも。
さてこの映画、調べてみりゃあライムスター・宇多丸さんの言う「世界の亀山モデル」ってやつだった。
亀山千広っていうプロデューサーの際限無いテレビ屋感は本当に溜まんない。
全身全力で悪い意味で。
誰も得しませんよー、って誰か教えてあげて欲しい。
そりゃあ宇多さんもボロカスに言おうってもんだーなー。

とにもかくにも、沖田修一監督の次回作を早く観たい。
そしてもう「世界の亀山モデル」はこりごりです。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

「す」

毎度どうもー。
えー、本日は「しりとり企画」の第2回目です。
書くことが無いとコレ、って訳じゃないんだからね!
自分に言い聞かせるようにしてる訳じゃないんだからね!!

さ、では早速。
前回は、

「あ」⇒「ICE BOX」

でしたので、今回は「す」から始まる名前。
うーむ。
これはいっぱいいますからね、選ぶのにちょっと迷いました。
が、やっぱり「す」と言えばこの人達でしょう。

「す」⇒「すかんち」



「恋のマジックポーション」


いやぁ、もう本当に格好良い。
ローリー寺西って人は本当に華やかねぇ。
個人的にはshima-changの姿を久しぶりに観れて上がった。
こりゃあもう、僕の心の宝物箱にしっかり納めておきたい一品です。
他にもこんな動画も見付かってなんだかとっても幸せな気分。



「恋のミラクルサマー」

これはマジックポーションの次に「ごっつええ感じ」でOP曲として使われた曲。
しっかり記憶にあるなー。
で、次。





で、これは「ごっつ〜」最終回のエンディング。
弥生姐、懐かし過ぎる。
そしてやっぱり今でも好きだなー。
ところで、弥生姐は今、とある俳優さんと結婚されてますな。
誰って?
古田新太でんがな。





これ、凄いなー。
貴重過ぎる(笑)
観れて嬉しかったー。
そして松雪いるしー(笑)
そうだよねぇ、出てたんだよねぇ。

そして、奇跡の動画を発見。
なんだコレ!?
最高過ぎる!





いやー、すかんち。
やっぱり最高だわなー。
前回の「ICE BOX」では食傷気味だったけど、これで次回以降もやる気出てきた。
がんばる、おれ。

さて、そんな訳で今回は「すかんち」でしたので、次回は・・・

「ち」

「ち」で始まるのを探します。
えいえいおー。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しりとり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

しのぴー。

カープの先発陣崩壊が止まりませんなー。
と、普段はここから愚痴にいく流れなんですが、今日は少し方向を変えます。
愚痴ってても仕方ないからねっ(笑)!

今日は徹底的に篠田純平(#14)を考える。
日大から巨人・オリックスとの競合に勝って、2007年にドラフト1位で入団した先発型の左腕投手。
そして、その期待を表すように、背番号は「14」。
それはかつて「炎のストッパー」の異名を持ち、先発や抑えとして広島の優勝に貢献、しかしその後に悪性の脳腫瘍で他界したあの津田恒実が付けていた背番号。
カープファンにとって、その期待がどれほどのモノか分かっていただけよう。

が、しかし。

背番号に見合う活躍は現状では出来ていない。
で、ここ最近は敗戦処理なの?って場面で出されたりと、あまりにも不遇。
去年のこの時期は故障でリタイアしてたけど、その前は良いイメージを抱かせてくれる内容だったのに。
そこで、この篠田の現状に対して思った事が一個。
ノムケン、そして大野さん、見切り早過ぎないか?
篠田はドラ1で獲ってきたこの先何年も活躍出来る可能性がある、貴重な左腕先発でしょう。
そりゃ確かに今はイマイチ宜しくない投球内容かもしれないが、他のドラ1と比べたら頑張っとりまんがな。
まぁ残念ながら、篠田はまだ育てる段階だと思うんですよな。
なので、今年一年はじっくり先を見据えてローテーションを任せる必要があると思うんですよな。
6月半ばからでもいいから、お願いだから先発として使って欲しい。
まぁそんな悠長な事は言ってられないのかもしれんけども。
今みたいな使い方されてたら、そのうち本当に潰れる。
それは故障とかじゃなくて。

少し逸れるけど、篠田や齊藤、今井に小松といった若手陣をここまで不調に叩き込んでる最もな理由は、エース大竹の離脱だと思う。
大竹がいてもう少し白星を積めていれば、他の先発への重圧も軽減されるし、今のような序盤に失点する呪いも解けよう。
あの呪い、自分達で誘発してるとしか思えないからね。
序盤に失点しちゃ駄目だしちゃ駄目だって脅迫的な意識が逆に縮こまらせてるように感じる。
そりゃーマエケンは乗り越えてるけど、人それぞれのペースがあるから。
あまり追い込みすぎちゃいけないと思うんだがなぁ。

もう一個言わせて貰えば、18〜25歳くらいノムケンや大野さんが通ってきた地獄のようなカープの練習を彼らはしてきてないんだよね。
つまり、その辺りの下地が無い訳だ。
ブラウンは伝統のカープスタイルのスパルタで叩きのめしていく事で積み上げていくんじゃなくて、ある意味現代っ子に則した少しずつ自信を植えつけて植えつけて育てていくタイプだった訳だから、今年の状況にそれぞれ皆プライドを打ち砕かれてるだろうなぁ。
それも乗り越えて来いっていうのも現首脳陣の考えだろうけど。
ただね、昨年一年で齊藤は先発として一年間やったけれど、篠田は途中離脱してた訳。
マエケンは別として、齊藤や小松達と比べてしまうのは少し酷じゃないだろうか。
先発の枠として基本5枠あるのだとしたら、6月に帰ってくる大竹を筆頭に、マエケンとスタルツ、そして4枠目に篠田を根気良く据えて、残りの1枠をどうするかを考えて欲しい。
もちろん状況に応じて6枠って考えもあるだろうし。

まぁ何にしても、篠田の今の使われ方が非常に不満です、って話ですわ。
だいたい未だにオーダーいじりまくってるし、正直言って首脳陣の方が我慢出来てないって気もするよね。
イライラしたら負けだよ。
まぁ、ノムケンも1年目だもんなぁって言われるよ、そろそろ。
勝ちたいって気持ちは本当に分かるけど、その中でも育てるべき人間は育ててくれ。
このままじゃ大野さんも、手腕疑われまっせ。
とにかく篠田は背番号「14」を背負った期待の星でしょうがよ。
しっかり育ててあげてください。

そう考えると、その辺りはやっぱりベイ・尾花監督は凄いね。
戦いながら頑張ってるし来年は更に良くなると思う。
ベイファンは結構来年が既に楽しみなんじゃないだろか。
いや、今年も既に楽しいか。

ん?
実際のところ、こんなに色々言ってるけどカープも結構楽しいわな。
ブラウンの時よりもカープを応援してるって思えるもんなぁ。
まぁまぁ、とにもかくにも頑張れ篠田!
オレは最後まで信じてるぞ!!
今日はそれに尽きます。

ではまた。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉人。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

しりとり、始めます。まずは、「あ」。

いやぁ、もう本当に唐突ではございますが、張り切っていこうと思う。
心に刻まれてしまっていた懐かしいバンド・グループ・歌手名しりとりを。
我ながらくっだらねぇ。
うん、もう本当に自己満足の極み。

でも、出来る限りYouTubeで映像を発掘調査し皆さんに少しでも分かりやすくお届け出来たらと思う。
よし。
全く持って先が見えませんが、とりあえず、ますは「あ」からいってみる。

※一応ルールとして・・

・濁点は付けても抜いても良し
・「THE」は省く
・「ー」で終わった場合、その前を生かす。
・最後が「ん」の場合は、その前を生かす。
・最終的にどうにも出てこなくなったら終了。

と、する。

では〜、GO!GO!GO!GO!

「あ」⇒「ICE BOX」



ICE BOX「冷たいキス」1994年


ぐはぁ!
先日とある経緯で頭の引き出しの奥底にしまっておいたのにひょっこり出てきてしまった見るもおぞましいグループ。
中西圭三のみならず、SPEEDで時代を築いた伊秩弘将までいる。
作詞が秋元康。
ICE BOXってあの氷状のアイスのCM用だかなんだかの為に作られたらしい。
うーん、きつい。
こりゃあもうお焚き上げの対象だわー。

しっかし、なんていうかさすが秋元絡みって感じなんだけども、このグループ、1枚だけアルバムを出してるらしく、そのタイトルがもう、ね。
ほれ、この感じ。

『The Very Best Of ICE BOX』

わぁ・・・
1枚しか出さない事を逆手に取ったらしいけど、うん、滑ってねぇかな。
まぁ、何でもいっか。
とりあえず、これを観て改めて思ったのは、フュージョン系のあの感じと並んで、当時の歌モノ歌手らの醸し出す雰囲気が好きじゃないってことかな。

初回にして毒々しいもんを掘り当ててしまったけども、また次回以降も頑張っていこうと思う。
今回は「ICE BOX」なので、次回は・・・

「す」

「す」で始まるのを探します。
結構あるだろね。
さぁ、何をピックアップするかだなー。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しりとり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

愚痴を言おう。

えー、今月ここまでの広島ですけどもー、7勝11敗で借金4な訳ですけどもー、負け試合でも完封されてないのですよー。
これは正直意外な結果で、本当に投手陣さえ奮起するれば状況一変するんじゃねーか?って思わせてくれる内容なのですよー。
6月になると大竹と永川が帰ってきそうでしてー、これで少しは改善出来そうな気がしてましてー。
ですがねぇ、マエケン・大竹・スタルツを軸で行くのは分かってますがー、それに続く先発が出ないとどうにもならんだろうがっ!!
おい、ペローン!!
おい、齊藤!!
おい、小松!!
おい、今井!!
どうしてなの!?
どうしてそうも序盤に点を取られまくるの!?
だいたいだよ、25日現在でマエケンが7勝だってのに、2勝のスタルツ以外はペローン1勝、齊藤1勝、小松1勝、今井0勝って、おい!!
そのせいで建さんが必至に抑えて4勝もしちゃってるじゃねーか!
あー、恐らく近いうちに篠田が先発って事になると思われるが、中継ぎでの状態を見ててもあまり期待出来ないしー。
もう今村猛でも投げさせてた方がよっぽど結果出るんじゃねーの?
でもねぇ、今村はカープにとっちゃ眩いばかりの宝石だからね、チーム状況を理由に無理な使い方は絶対にしないでしょうよ。
彼は2年3年後に今のマエケンばりの活躍を見せてくれると信じて疑わないからね。
弱いチームを応援してるとさぁ、もう期待するだけ傷付くからあまりこう熱くなり過ぎないようにしてるんだけど、25日の岸本が憤死したもんで我慢ならんかったやー。

あ。
でも廣瀬の3番、案外アリだ。
栗原もようやく、本当にようやく2年ぶりの復調を実感。
前田の智徳さんもここにきて神様に見えてきた。
だからさー、本当に投手陣には頑張ってもらわないかんって訳だよ。
頼むよもう、ほんとにさー。

苦しい状況に変わりないけど、随分と遠くではあるけど、光はまだまだ消えてないんだから、どうにかこうにか踏ん張って今年もまだまだ楽しませてほしい。
がんばれ、カープ。
心底そう思う。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉人。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

ぬか喜び。

やっぱりさぁ、こういう事なのだよなー。





前田智徳って人の格好良さってのは、このホームランを打った事に対してのインタビューで、「もっと前に打たなきゃいかん。」って事を語るあたりで、つまるところこの日の第一打席で凡退した事について振り返る訳。
なんだよもう、もっと素直に喜んでくれたっていいじゃん(笑)
って思わせていけずな前田智徳っていう人にみんな惹かれるんだ。
前田が5番・DHに座っただけで、チームの雰囲気が違う。
交流戦が終わっても5番にいて欲しい。
やれるはず。
うん。
5月21日はこうして特別な日になった。
前田の活躍をこの目で見るために西武ドームへ行こう。
背番号「1」を観に。

で、23日も凄い事になりましたな。
今度は競馬の話ね。
史上初ですよ。
G1で1着が二頭。
つまり同着って事。
アパパネ、頑張ったなー。





さぁ来週はダービーだ。
武豊が骨折の影響で戻って来れないけど、どの馬を応援しようかねぇ。
結構混戦になりそうで、どの馬が勝っても今年は非常に楽しめたなー、って感想を持てそう。
今年のダービー、近年でも稀に見るメンバーだからね。
うーん。
ダノンシャンティが良いと思うけども、巻き返しと血のドラマって意味でローズキングダムに一票かな。
あ、でも小牧が乗れないのか。
うーん。
そうこう言ってると普通にヴィクトワールピサが持ってきそうだわなぁ。
ペルーサもトゥザグローリーも良いし。
いやぁ、それぞれ今後も結果を出していける素材だし、数年後には種牡馬になってておかしくない様な奴らばっかしだ。
どんぐりの背比べじゃなくて、本当にレベル高いなー今年は。
物凄く高い次元で競ってる。
あ、ルーラーシップもいるのか・・・
すげーな、今年。

と、全く別の話。
先日、旧友たちと久しぶりに顔を合わせて話してたんだけども、わたくしどうやら若いらしいですよ見た目が。
歳をとってないというか、若返ってるんですって。
へへへ。
嬉しいじゃんね、そういうの。

が、実はそうでもなかった。

後日我が家を片付けていて見付かった、もう数年前の証明写真。
驚愕。
とりあえず見てもらおうと思う。


4年前.JPG


だ、誰だ!?
いやまぁ4年前なんだけどね。
どこぞの犯罪者かと思ったわ。
やばいな、これは。
若返ったというか、当時が物凄かったって事なだけだって気が付いた。
無念だよね。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

口がパクパク。

したって話。
先日、友人の結婚おめでとーって話で、そのお祝いに旧知の知人や元・同僚の皆さんにメッセージを貰い受けていた時のこと。
とある元・同僚から元・同僚と結婚したって話と子供も生まれてたって事を知らされる。
いや超絶にめでたい話なんだけど、今回の主役である友人を少し驚かそうと思ってやった事で自分まで事故的に驚かされるとは。
生まれて始めて口がパクパクした。
とにもかくにも本当におめでたい。
嬉しい話は多ければ多いほど嬉しい。
一人残らず幸せになるべきだ。
こうなりゃオレも幸せへ向かって突撃だ。
竹槍もって突撃だ。

さて、話は少し変わるんだけども、オレは昔からドッキリ的なものが本当に苦手で、嬉しいドッキリでも少し怒りメーターが触れるという訳の分からない癖があったのですよ。
逆に人を陥れるのは最高に好きだし得意なんだけども、自分がやられると嫌っていう人格的に非常に問題があった訳。
しかしここ最近のめでたいドッキリはとても良い。
一瞬目の前で子豚達が踊り狂う絵が見えるんだけど、やっぱり良いよ、めでたい話は。
なので今回の事故的に発覚しためでたい話も不問に処す。
何様だ、オレは(笑)

次はどんな事故にあえるだろうかー。
こんな事故ならいくらでも良い。
どんどん来い。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

熱の話。

いきなりだけど、カヒミ・カリィの旦那って有名なんだよねぇ?
この前、とあるラジオを聴いていて知ったんだけど、なんつうかもう凄いのね。
格好良いよ、あれ。
タップダンスの第一人者なんだろうけど、打楽器の発想ってのがまたグイグイ来る。





この動画を観て、ついカホンの練習しに行ったもん。
熊谷和徳って人間から出る熱量が半端じゃなくて、ついあてられてしまったー。
今更な話だったらごめんなさいねー。


そうそう。
熱量って話で思い出した。
最近は自宅でラジオとYouTubeがメインな生活なのだけど、この前見つけたコレがまた凄い熱量っぷり。
70'sパンクがお好きな方はもう堪らないわよね。





高校生の頃に始めてこのバズコックスの曲を聴いた訳なんですけれども、アタシはピストルズよりもガッツーンと来た訳でね。
ダムドもだいぶ好きだったから、個人的には双璧でしたなー。
でも、結局はパンクをすぐ通り越してスモール・フェイセズに、というよりもスティーヴ・マリオットに心奪われてしまうんだけどもね。

で、熱量ってのはここからが本題。
前述のバズコックスは一時は解散してましたけども、後に再結成して1989年から今の今まで現役なのですよ。
その時点で熱あんなー、って話なんだけども。
興味本位で観た「Ever Fallen In Love」2006年バージョン。
もう、何て言うか、とりあえず観て欲しい。





これを格好良いと言うか、格好悪いと言うか、ですよ。
オレはね、がぜん格好良い。
当時の熱も良いけど、この今の熱も良い。
量的な意味で言えば、当時よりも今の方が出してかなこんなん出来ないと思うのよね。
おっさん達、やっぱ良いなー。
うんうん。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

おひさしぶーりー。

うーん、久しぶりだ。
書こう書こうと思ってたけども、どうしても筆の進まない状態でこんなに期間が空いてしまったー。
がんばる。

しかし何から書いたもんかなぁ。。。

とりあえず、逆噴射状態のカープの話は今日はしません。
しません、っつうか出来ねぇ!
する気がしねぇ!!
「!」連発するくらい。
五月も半ばで今シーズンの行く末に期待出来なくなってます。
今年の観戦は辛い思いが多くなりそうで既にげんなり。
でもきっと淡い期待を抱いて観に行くんだと思う。
どうにもならんなぁ。。。

まぁ気を取り直して。
最近は映画をちょこちょこ観に行ってます。
家でも観る。
ここ最近で一番は韓国映画の「息もできない」でした。
観ていて苦しいんだけども、感じる事が多くて非常に良かった。
映画系の学校に行ってたけど、細かい事は分かんねぇもんでザックリした感想でごめんなさいね。
でも、良い映画だって事は分かる。
それくらいは分かるもんね。

あとは「愛のむきだし」も面白かった。
4時間くらいあるけども(笑)
しかしね、タイトルが開始40分くらいでようやく出てくるんだけど、思わず噴き出したよねー。
その時点でもう観た価値あったわー。

あ、久しぶりに観た「ポリスアカデミー」は面白いんだけども、何と言うかもっと来るものがあった気がするんだけどなぁ。
いや、面白かったんだけど。
なんか足りないんだよなー。
ただ、マイケル・ウィンスローはとにもかくにも最高。
やっぱ変人って大好き。
だから色々調べて見付けちゃったよねー(笑)








どうよ。
そこにジミヘンがいるでしょー。
すげーぜ、マイケル。
しかしこうしてみると、オレは黒人が好きなぁ。
黒人ってどうしてこうも愛くるしいんだ。
可愛いよなぁ。

まぁ、他にも色々あるけども、今日はこの辺で。
また少しずつがんばろうと思うので、今後も見捨てずにご贔屓をば。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

あれ!?

もう5月かー・・・
早いわぁ、もう。
まぁ、更新が滞っている間にも結構いろいろとあって、しっかり纏めておかないといかんなぁと思えば思うほど筆がね、進まないっていう悪循環。

とりあえず、いつから書いてなかったんだっけな。
おぉ、22日から書いてないのか(笑)
えーと。。。

24日、木村拓也追悼試合を観戦しに東京ドームへ行く。
始球式では氏の3人の子のうちの長男が登板。
その時の模様はYouTubeにもあるので是非。





よく頑張ったなぁ、恒希くん。
この子にプロ野球選手になって欲しいというのは酷だと思うけど、素直にまっすぐ育っていって欲しい。


25日はラジョビジョンの収録。
第4回のゲストさんとのセッションは今までになく非常にスリリングな内容になったと思う。
配信は6月です。
お楽しみに。

飛んで29日は一人映画を鑑賞に。
映画館で観る時はだいたい空いている時が多いんだけど、今回は結構混んでた。
観たのは「第9地区」。
突っ込みどころが多いなんて言われてるようだけど、個人的には非常に楽しめた。
有名人が起用されてない分、すんなり入り込めたし途中から変わる立場の描写やらバディ感とかもう最高。
いいよ、「第9地区」。
また観たいもん。

で、もう5月ですわ。
1日は折角なので外出。
元・ヤクルトスワローズで活躍していた岩下さんがやっているステーキ屋へ。
その名も「ステーキハウス岩下正明」。
いや、旨いんだ、これがまた。


ヒレステーキ100g.JPG


手頃なお値段で美味しくいただけるステーキ屋さんです。
で、岩下さん本人が焼いてくれるんだけど、今回は少しお話もさせていただけて二度美味しかった訳ですよ。
前述の木村拓也の話や岩下さんがヤクルトから横浜へ移籍した時期の監督だった古葉監督の話を。
古葉さんは今、東京国際大学の総監督をされていて、そこにはあの炎のストッパー・津田恒実の遺児である大毅くんも在籍中。
その辺の話もチラホラ。

で、この日は偶然もいいところなんだけども、なんとヤクルトのスコアラーである片岡大蔵さんも居て。
震えた(笑)
スコアラーがいるぜー!って心の中で叫んだわね。
いやもう、元にしたって野球選手がいる状況に終始あわあわしてしまった。
するっつーの、そら。
ヤクルト大好き・フルカワタクマに是非教えてあげたい。

あ。
若松さんのいい話も聞かせていただけたり、非常に有意義な時間でした。
また行こう。
楽しすぎます。

で、この日は返す刀で横浜まで遠征。
昼にステーキ喰って、夜はココ。


山東.JPG


で、こんなメニューで。


ニンニクの芽と豚肉細切り炒め.JPG

ジャージャー麺.JPG

蒸し鶏.jpg

水餃子.jpg


最高ですよ、相変わらず。
旨すぎる。
で、チャイハネに寄って帰宅。
濃厚な一日だったー。
あと、やっぱ中華街の路地はとても良い。
昼も夜も良い。


中華街路地.jpg


良いカメラが欲しくなるなー。
この路地にある福楼っていう店の中華まんが個人的に好み。
どうしても路地の店の方に惹かれる。
というか、路地自体が好きらしい。
路地を見ると写真撮りたくなるんだもの。
あと、交差点と坂道。
いいよねぇ、うん。


そいで2日。
この日は前々から楽しみにしていたテレビマンズのイベントへ。
阿佐ヶ谷ロフトは超満員。
凄い事になってたなー。
Ustreamでも配信してたんだけど、なんとその時間帯で視聴数世界3位まで上昇(笑)
どこまで行くんでしょう、大根さんは。

今回はサイタマノラッパーを撮った入江監督もゲストで参戦。
特攻の拓が懐かしすぎ。
一時期読み漁っただけに、ワンカットでそれが何のシーンか分かる自分に苦笑いだった。
また読もう、改めて。
不運と書いて「ハードラック」と読ませるってのは、確かに今考えても凄い漫画だよなー(笑)

と、そんな日常でございました。
連休もまだまだ続きます。
次は何をしたもんかなー。
楽しみ切ります。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。