2009年10月30日

チクショウやったぜ本当に。

へっへっへっへっへっ。
ドラフト会議2009、ご覧になりましたか?
いやぁもう最高のドラフトでしたねぇ。
話題の菊地は西武に行く事になりましたがね、そんなこたぁどうだっていいんですよ。
カープ、カープ、カープ広島、広島カープのドラフトですよ。
去年も悪くなかったんですが今年は凄まじい指名っぷりでした。
見て、この面子。

1 今村猛  投 清峰高
2 堂林翔太 内 中京大中京高
3 武内久士 投 法大
4 庄司隼人 内 常葉橘高
5 伊東昴大 投 盛岡大付高
6 川口盛外 投 王子製紙

育 永川光浩 投 龍谷大
育 中村亘佑 捕 横浜商大高

一人一人、詳しく説明したところではありますが、ちょっと流石に控えます(笑)
とにかくですね、2009年の高校選手権春・夏の優勝投手が1・2位指名です。
凄いわ、これは。
ちなみに2位の堂林は投手としてではなく野手としての指名です。
で、この堂林。
この記事を見てくれますかね。

2009/8/25記事『ねっとう。』

ほらもうこの時点で来る運命だった訳。
最高に嬉しい。
中京大中京で帽子のマークは「C」で広島カープも「C」だかんね。
これはもう運命さ。
ようこそ広島東洋カープへ。
数年後の大活躍を心から期待してます。

3〜6位の指名選手も粒揃いで、細かく話したいですが今日は辞めておきます。
でも、かつて無くはしゃいだドラフトでした。
だって、ねぇ。
今村と堂林が本当に欲しかったんだもん。

早く春季キャンプの時期にならんかなぁ。
これからどの選手が台頭して来季の一軍キップを手にして、シーズンを戦ってくれるのだろう。
もう楽しみで仕方ない。
野村謙二郎監督と、大野豊ヘッドコーチのベンチワークにも期待。

ところで、俺がカープを好きになる原因を作ってくれたのは大野豊ヘッドコーチなのですね。
だから本当に来年が待ち遠しい。
だって、試合を観に行けば、ベンチに大野がいるんだもの。
あー、早く来年にならねぇかなぁ。

と、明日から日本シリーズですね。
予想としては、4勝2敗で巨人。
ダルビッシュが投げれるならば分からないけども。
まぁ当たるも八卦、当たらぬも八卦ですから。
せっかくですから楽しみましょう、一週間ほどね。
僕はその裏でカープの秋季キャンプに俄然盛り上がっていこうと思います。
posted by マスダ at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

すぁーせん。

ちょいと身辺がバタついてまして、更新が滞ってます。

そんな人がいるのかさっぱり分かりませんが、楽しみにして頂いている方々、どうも本当にすいません。

明日か明後日から、また随時更新していきたいと思ってます。

とりあえず、明日はドラフトの話で持ち切りであると思われますが、そんなにガッカリしないでください。

明後日からは日本シリーズですから、その後の展開も何となく読めるかも知れませんが、その辺りは黙認の方向でお願いします。

稀に見るバタつきである為、ちょっと泡喰ってますが一つずつ丁寧に対応していきたい所存です。

まぁ、そういう時に本質を問われるのだろうし。

力まず弛まずやっていきます。

そんな訳で、また明日。
posted by マスダ at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

いよいよ。

楽天が崖っぷちですね。

取り急ぎ、ご報告まで。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

ツレヅレ。

CS第2ステージが始まりましたね。
個人的な希望としては、日本シリーズで観たいのは巨人×楽天です。
中日さんと日ハムさんには空気読んで貰いてぇなぁ。
ノムさん悪運強いし行ける気がするけども。
ドラフトもひたひたと近づいてるし、楽しみは尽きないじゃあないか。
カープの今年のドラ一は、清峰の今村みたいでだいぶテンション高いですけども、やっぱり競合するかなぁ。
菊地がメジャー選択だと間違いなく競合するか。
ちぇっ。

さて、先日の話。
友人の息女を拝みに行ったのだけれども、もう本当に愛らしいったらありゃしない。
なんなんだろう。
俺の人生の何%かは捧げる事が可能だ。
二桁分くらい余裕かもしれない。
あくまでも友人の息女であるが、ね。
二桁分くらい余裕かもしれない。
産んでくれた友人には本当に感謝してるの。
俺に守るべきモノを与えてくれて。
あくまでも友人の息女であるが、ね。
俺にとってあの娘は、血の繋がりの無い姪のような関係。
血が繋がってないならただの他人だとかそういう野暮ったいこと考えた人。
ちょっとほんとに黙ってて。
いま俺ってばあの娘の愛らしさにゾッコンなんだから。
邪魔すんじゃないよ。
水差すんじゃないよ。
あぁ、また早く会いに行かなきゃ。
もはや中毒。

とまぁ、そんなこの頃です。
Riverside50/50を観覧に行った話はまた後日。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

見てぇの。

どうでも良い話であるのだけど、どうでも良くないように思えてきていて非常に困った。

<ワンピース>劇場版アニメ入場者に「0巻」をプレゼント 20年前の世界を描き下ろし

どうやらこれ、随分と読みたいらしい。
参った。
でも映画観るほどのファンでもない。
でも、20年前の世界は見たい。
読みたい。
あー。
これまずいなぁ。
誰か行って来てくんねーかなぁ。
で、貸して欲しいんですけども。
あー、ほんと読みてぇ。

で。
そんな話は置いておいて、先日から始まったクライマックスシリーズ通称CSである訳ですけれども、その裏で我が広島カープは来季に向けて今から準備に勤しんでる訳ですよ。
そして、野村謙二郎カープ新監督から非常に、狂喜乱舞なお言葉が。
見て、この記事。

「もう3軍の選手ではないんだ。1軍の戦力として期待しているんだ」

ほんとに嬉しい。
これは来季も前田智徳を見れる事を確約する言葉ですからね。
野村監督が現役当時、一番・野村、二番・正田、三番・前田だったりと苦楽を共にしてきた訳で、前田智徳という選手の偉大さ、凄みを一番良く知っているのも野村監督なのではないかと。
また、そういう采配を見れるのだとしたら来季がますます楽しみでして、更に言えば若手との共存をどのようにしていくのか非常に興味津々なのです。
あー。
現時点で入ってくる情報が既にして楽しすぎて、まだ日本シリーズも終わってないってのにもう来季が待ち遠しい。
だって、来季シーズンが開幕するまでは、暫く関東に来ることはないし見たくても見に行けない訳で、日南キャンプに俺も参加したろかと一瞬考えれど行ってどうなるって思い直し、今日もカープファンの大本営・中国新聞の記事を読み漁っている毎日であります。

広島行きてぇ。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

おかえりなさい。

ダイナマイトオレンジ・渡辺直人、復活。
渡辺直人と言っても楽天イーグルスの渡辺直人じゃあない。
同姓同名だけど、ちょっと違う。
ダイナマイトオレンジの渡辺直人、です。

ダイオレ.jpg

ナベさん、お帰り。
【ダイナマイトオレンジHP】

途中で帰らなくてはならなかったのだけど、観に行って本当に良かった。
最初に音が鳴った瞬間、なんかこう内からブワッと来るものがあった。
ダイオレには見ていて恥ずかしいくらいに愛がある。
良いね、なんか。
そして、笑い飛ばす力、笑うという事の凄さを改めて知った。
最高じゃあないか。

これからのダイオレに、また改めて期待したいと思えた日でありました。
純粋に楽しみ。

そして何よりアメさん、今までナベさん不在のダイオレを引っ張ってきたそのパワーとアイディアと人柄に、改めて敬服します。
ひとまずお疲れ様でした。
そして、また改めて楽しい事を期待してますから。

以上、取り急ぎ。
細かいことは直接お話しよう、って今思ったやね。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

きゃいきゃい。

楽天ってばCS第2シリーズ進出ですよ。
ノムさん、足掻くなぁ(笑)
随分前に読んでいた野村克也氏著「巨人軍論」って本を読み返してたら、巻末のあとがきに衝撃の一文。
最後の段落を抜粋します。

----------------------------

一方、巨人も原辰徳が監督に復帰した。再生への第一歩を踏み出すことになる。はたして巨人は再び「模範」たりえる存在として蘇ることができるのか。もし、そういうチームになったのなら、ぜひとも日本シリーズで対決してみたい。そして、今度こそ巨人を倒して「日本一」になりたい―本書を書き終えたいま、私はそう願っている。

----------------------------

確か三、四年くらい前のものなんですがねぇ、ちょっと予言めいていて一人きゃいきゃいでしまった。
凄いじゃあないか、本当にこうなったらば。

と、全く関係無いですけんども、もの凄いの見つけてこれまた一人きゃいきゃいしてしまったので折角だしお裾分けをば。



すごいよね、これってさぁ。
分かる方は分かると思うけど、分からない場合はお父さんお母さんに見せてみると良いと思う。
きゃいきゃいするんじゃないだろうか。
大きなお世話サマですかね(笑)

と、まぁこんな事でも考えていないとやり切れないって話。
60歳を超えて自殺をしようと考えるって、いったいどう言う事なのか。
正直、さっぱり理解は出来ないが何か故人の中でとても大きな事が起きていたのかもしれない。
でもまぁ、自分で断つのはね、理由どうあれ無しだろ。
だって、残されたこっち側にいる人達は何もしてあげられなかった事を悔み続けて生きていかなきゃならんのだし。
一ファンであるだけの自分ですらこんなにやり切れないんだから。
そばにいた人達の悲しみには掛ける言葉も見つからない。
当分は加藤和彦の音楽なんて聞いてやらない。
そう思っている。

以上。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

せかちゅう。

先日、たまたま観ていたテレビで「世界の中心でオチンチン!と叫ぶ」じゃなくて、「世界の中心で愛を叫ぶ」がやっていた。

で、何となく見ていたら、ブルマ姿で駆け寄ってくる綾瀬はるかがいて、もうなんていうかその・・・たまらんのだよね。

いや、ブルマがどうこうじゃなくて、綾瀬はるかがね、ブルマで駆け寄ってくる設定というか、ってそれじゃブルマか。

いや、ブルマ以前にだね、駆け寄ってくるもんだからさ、もうぼいんぼいんしちゃっててねもう本当に最高だよってこういうの本気にされたりするから辞めよう。

まぁ変態嗜好とかじゃなくてね、綾瀬はるかがもう何かやたらエロスなのだって事が言いたいのですよ今日は。

セクシーじゃないのよ、エロスなのだよ。

僕の目算では綾瀬はるかは今後、第二の鈴木京香路線に行くのですけども、ほんとにこのまま順調に育っていって欲しい。

ほんと、期待してます。

現在の有名人エロス度ランキング(俺個人のね、あくまで)

一位:鈴木京香  10000pt(上限値オーバー)

二位:緒川たまき 8430pt

三位:綾瀬はるか 7650pt

頑張れ綾瀬。
緒川たまきもケラさんと結婚したし、数値は下がってきているぞ。
年内には抜いてしまえぃ。
よくわからんけど。

んー。
冒頭のオチンチンのくだり、全くいらねぇな。
posted by マスダ at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

やったんか。

えー。
本日はですね、一応触れておくべきかと思いまして筆を執りました。

谷亮子さん(ヤワラさん)に、第二子がお生まれになりました。
本当におめでとうございます。

やったね、谷(旦那のほう)。
やったんだね、谷(旦那のほう)。
すげぇなぁ(旦那のほう)。

谷って漢字、ずっと見てると髭男爵が情けなさそうに笑ってるように見える。
どうでもいいけど。

すげぇなぁ(旦那のほう)。
最低でも2回かぁ。。。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

っぁハイッ!!

たまたまも良いところだったのだが、相当久しぶりに「天使にラブ・ソングを2」を観て。
観て、っつってもYouTubeだけど。
歌の場面ね。
が、不覚にもだいぶ揺れた。
まぁ、観てくれたら分かるかと。



ローリン・ヒルの方も良いんだけど、ライアン・トビーのこの感じに凄く揺れた。
この感じはアメリカしか出せないよなぁ。
日本人では出来ない「何か」だ。
でもライアンのこの感じ、幼少期の三浦大知だったら行けたか。
まぁ、何にしても脇が埋まらないよね。
日本の少年少女でダンススクールに行ってる子の踊りを映像で良く見かけるけど、何かもう気持ち悪いんだよな。
なんつうかこう、無駄に笑顔っていうか。
この映画に出てくる子達のような、自然なね、体の芯から来るダンス衝動みたいのと違うんだろうな。
つうか、ダンススクールに行く日本人少年少女の、あの異様な空気ってなんなんだろう。
ミュージカルとか宝塚の世界にも言えるんだけど、ねじれた体育会系というか、「おまえ、もっと足上がるだろうがぁ!」って言われて、「っぁハイッ!!」って返事してる感じというか。
モーニング娘。の練習風景ともでも良く観た気がするが。
んー、アメリカでもそうなんかな。
どうなんだろう。

まぁとりあえず、子供が出来てもダンススクールには通わせない。
あんな変な返事をする子供にしたくないの。
気持ちわりぃじゃん。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

荒川。

この連休中は特に大事は無かったのですが、ひょいと近場に出掛けてみたりした。
意外な発見というか何と言うか、僕はいよいよ引越しがしたいらしい。
飛び立ちたい。
東京の北側にいる事にここまで嫌気が差すことになるとはなぁ。
大体だ。
先日はカホンの練習をと思い立ち、近所の土手まで行ってきたのだ。
が、そこは荒川なの。
なんかしょんぼりしちったよ。
個人的には多摩川とかだったら何かさ、洒落た感じもするじゃない。
荒川には無いのだよ、その洒落た感じが。
字面で見ても明らかだからね。

・カホンの練習をした、荒川の土手で。
・カホンの練習をした、多摩川の土手で。

ほらもう全然違う。
なんかもう、荒川ってのは金八さんのせいで芋臭いイメージがむんむんじゃんか。
その点さ、多摩川はニコガクなイメージ。
ルーキーズってあれ二子玉?
まぁいい。
とにかく、生まれてから大半の時間は荒川のほとりで暮らしてきたからね、いかに荒川がイケてないかってのはよーく知ってる。
もう荒川には愛想尽きたんだよ。
これからは多摩川と付き合いたい。
多摩川と仲良しになるのだ。

だけど、多摩川のほとりに住みたいって事とも違うんだけども。
要は荒川近辺には居たくないってこと。
もう嫌。
荒川は嫌なんだ。
だってさ、カホンの練習している目の前は、オッサン達がゴルフクラブをバカスカ振り込んでる打ちっ放し場なんだぜ?
何か、練習にも身が入らないっての。
リズム出すと邪魔してるような気がしちゃうしさ。
あー。
もうなんかもっといい練習場所がある所に住みたい。
土手じゃなくてもいいから。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

無題。

すいません。
少々立て込んでまして・・・
こちらの画像で和んでいただければ幸いです。

温水.jpg
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

目白押し。

パ・リーグは日本ハムが優勝しましたね。
おめでとうございます。

そして何かと個人タイトルも確定ランプが灯り始めましたね。
我が広島カープもルイス投手が奪三振部門での受賞がほぼ決定です。
2位の阪神・能見投手とは約30個もの大差が付いてます。
素晴らしい成績だなぁ。
ほんとに来年もこのままカープにいてくれる事を心底願って止みません。
頼む、ルイス。

そしてもう一人。
これまた外国人投手なのですが、昨季今季とセットアッパーとして大車輪の活躍をしているシュルツ投手。
こちらは巨人・山口投手とホールド数1位を争ってます。
かなり熾烈な争いです。
共に残り試合は2試合。
さてタイトル獲得はどちらの投手になるのでしょうか。
頑張れ、シュツツ。

何にしても今のカープの投手陣はとても駒が揃ってますし、来季も更なる上積みを期待出来るんですね。
が、野手陣ですよ。
来季のカープは野村謙二郎が監督で行くようですので、何とかテコ入れを期待したいところです。

さぁ、そうこうしている内に十月も一週間経っちまいましたね。
今月は色々とイベント事が目白押しのようですよ。
ちょいちょい顔を出しに伺おうと思いますので、久しぶりに会ったりしたら優しく接してくださいませ。
よろしくどうぞ。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

下北沢遠征。

先日の話になりますが、かの大畑修一大先生がサポートされております「プロポーズ」というバンドを観に下北沢はGARAGEまで行って参りました。
いや、下北沢自体が相当久しぶりでいささか挙動不審になってしまいましたが、バンド鑑賞と平行してもう一つ目的がありましてね。
そうです。
とんかつが喰いたかった。
とんかつというか下北沢は「とん水」のチーズカツが喰いたかったの。
これ。

宣言通りにチーズカツ。

見事に達成。
やっぱり旨かった。
最高だぜ。

で、「プロポーズ」の方はと言いますと、元・東京パレードの藤澤君、淳也くん、山ちゃんによるバンドでして、前々から早く見たかったのですが中々都合が合わず残念でならなかったのですが、これがまた観てみたらとても良い。
とても楽しそうでね、本当に良い。
こんな感じです。

プロポーズのみなさん。

演者側の楽しさってのがオーディエンスまできっちり届いてた。
良いなぁ。
興味のある方は是非コチラを⇒プロポブログ

久しぶりにライブハウスに行ったような気がするけども、またちょこちょこ顔を出しに行こうと思わされた。
やっぱり空気に当てられてみて、改めて今やりたい事への気持ちを再確認出来たし、外へ出る事で始めて得られるモノってのがあるのだなぁ。

よーし。
気合い入ってきたぜー。
気負いじゃないぜー。
でも焦りは禁物だぜー。
うーん、楽しみだ。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

終了であります。

えー、そういう訳でございまして見事に我が広島カープの皆さんはCS進出を逃しまして、今季の順位は5位でほぼ決定と相成りました。
しょんぼり。
でもまぁ、昨年に引き続き今年も最後まで楽しめたって事で潔くあきらめようじゃあないか。
それ以外に何を思えってんだ。
選手はみんな頑張った。
ブラウン監督も頑張ったけど来季の契約は無いようで、2010年ペナントレースはカープOB・野村謙二郎と共に歩んで行くようです。
悔しいねぇ、あと一歩だったのに。
今年は6回ほど観戦に行って3勝3敗でしたが、来季はちょっと大きく出ようと思いまして直接ね、新広島市民球場まで行ってやろうじゃあないかと。
行くよ、絶対。
行かせてくれ。
さっそく今から観戦貯金をしようと思う。

それとは別に、とても思い入れの深い選手が引退するという事を知りました。
カープ一筋23年、緒方孝市選手が今季をもって引退する運びとなったそうです。
寂しくなるなぁ。
もうあの独特の応援も聴けなくなるのか。
本当にお疲れ様でした。

また他にも、カープへ入団後に球界を代表する長距離砲として鳴らしFAで巨人へ移籍、そして今は西武に在籍している江藤智選手。
彼もまた今季をもって引退されるそうです。
下のこの写真は、西武池袋線の池袋駅に飾られているライオンズの選手数名の特大写真パネルのひとつ。
これも今季で見納めです。
折角なので撮っておきました。

本当にお疲れ様でした。

また西武で言えば、巨人在籍時にセ・リーグ最多安打を記録した清水崇行選手も同じく今季限りだそうです。
時代を彩ってきた選手が少しずつ身を引いていくようです。
分かってはいる事ですがやはり寂しいですね。
皆さん、本当にお疲れ様でした。

と、少し湿っぽい話になってしまったのでここらで明るい話題を。
先日、東京ドームまで広島×巨人戦を観戦に行ってきたのです。
まぁ試合自体は空気を一切読んでくれない巨人の圧勝ではありましたが、僕が今のカープで一押しである篠田純平投手が中継ぎとして登板。
もうテンション最高潮でした。
ので、見てこの写真。
撮りすぎた。

篠田、登場。
篠田がマウンドへ向かいます。
この時点でスイッチ入りました。

篠田、マウンド上へ。
投球練習の時点で既にキャーキャー言ってます。

篠田、対G坂本。
もうこの対戦では血管切れそうなくらいなテンションでした。
もちろん篠田の勝ち。
まだまだだよ、坂本君。

篠田、イニング跨ぎ。
ベンチ前の投球練習で2イニング目を任される事が判明。
またもテンションは上昇。

篠田、奮闘も。
2インニング目も奮闘します。
が、直後に雲行きが怪しくなり始めた。

篠田、あえなく降板。
まさかの降板か。
そりゃあ打たれましたけど、もうちょっと観させてよ。
※写真のブレは心の動揺によるものです。

篠田、下を向くな。
ピッチャー交代。
あー。
すげー残念。
でも頑張った。
※写真のブレは心の動揺によるものです。

巨人は空気を読んでくれない。
まぁ、相変わらず巨人ってば空気を全く読んでくれず、今年もカープはCS進出を逃しました。

来年こそは篠田投手の活躍に期待。
何にしても無事に怪我から復帰してくれて本当に良かった。
今後も応援していきます。
皆様も、「篠田 純平」をよろしくお願い致します。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

いさぎよし。

何となく改めて「Reef」を観た。
やっぱり良いな。
思い切りってのは重要であるよ。



愛をください、うぉぅうぉぅ。
日本も売れたもんね。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

とんかつ。

とんかつが食べたい。
目黒にある「とんき」のとんかつが食べたい。
定食が1800円もするけど食べたい。

とんかつが食べたい。
下北沢の「とん水」のチーズカツが食べたい。
その後はヴィレバンにでも寄りたい。

とんかつが食べたい。

とまぁ、そんな話はさて置き、遂に楽天イーグルスが2位に浮上した訳ですよ。
世の中はいま民主が自民に取って代わったりと徐々に今までとは何かが変わって来ているようです。
政治の話はナイーヴな話なのであまり書こうとは思いませんがね。

そんな事よりとんかつが食べたいんだ俺は。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

書いておくべきこと。

あっという間に10月です。
あと少しでペナントレースも終わりを告げます。
個人的にも何かと精一杯やっていこうと思います。
今月もまた、よろしくお願い致します。

さて、色々考えましたがやはり書いておこうと思います。
この件については一度書こうと思ったのですが、少し複雑な問題であるので記事自体を消去してしまして。
ですが、思い直り書く事にしました。

細かい事は抜きにして、西岡剛という選手に敬服します。



何かの弾みで人の気持ちがこじれてしまって、傷付かなくてもいい人達が必死になって修復しようとしているというそんな不可思議な出来事です。
難しいですね。
真っ正面からぶつかった西岡選手の言葉の意気に、フロント・選手・ファンが少しでも良い方向へ動く事を願ってやみません。
きっちり受け止めてあげて欲しいです。
posted by マスダ at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。