2009年09月29日

捨てたもんじゃあない。

えー、何かと広島カープが大変な事になっておりますが、この際なのでカープの話はCS進出チームが確定するまで控えようかと思います。
最早とやかく言っても仕方ない段階まで来てますからね。
最後の最後まで応援することに変わりありません。
信じてます。
最後の最後まで本当に信じてます。

と、そうこうしているうちに9月も終わってしまうんですね。
早いなぁ。
なんと言うか体を動かし始めてからの速度が異様に速く感じる。

さておき。
先日、たまたま点けていたテレビを見てたら、「ランク王国」ってTBSの番組がやっていましてね。
今のMCは8代目らしいのですが、もう全然馴染めない。
個人的に6代目のMCだった「山口五和(やまぐちさわ)」には勝てるMCはいない。
彼女がMCの頃はほぼ毎週見ていた気がする。
いや、好き過ぎてとかじゃなく夜更かしの延長で見ていただけなんだけども、見ていて普通に楽しめたって話。
いや、好きだったのかもしれない。
だいぶ。
だから彼女が卒業って時は、sakusakuで「あかぎあい」が卒業した時と同レヴェルの衝撃を受けた。
何故にこうも世の中は「見た目が良い>面白い」なのだと落胆したもんだ。
いや、山口さんもあがぎさんも見た目が悪いとかそういうことじゃなくて、「見た目の良さ」よりも「面白さ・機転の良さ」が勝ってるタイプであるって話で、個人の好み的にはその後のランク王国MCよりも山口さんの方がよっぽど見た目込みで好きだし、あかぎさんの方が木村カエラ嬢よりも見た目込みで好きなのだがどうにもこうにも損してしるように思える。
見た目重視の女性MC界ではある意味で面白さはそこまで必要ない。
ある程度の間をわきまえた相槌が打てれば良い。
しかし前述の2人はその先の笑いを奪い取りに行けるだけの機転と瞬発力があって見ていて胸のすく思いで一杯にしてくれるのだが、悲しいかな世間一般が求める女性MC像とはずれているのだ。
あ、ちなみにここで言う機転ってのは笑いに関してであって知的云々とは全く別です。
菊川玲のような勉強が出来ても機転が全くもって利きゃしない糞MCみたいのもいるが、要は機転の利きの悪さっていう事で言えば最適な例ではあるので抑えておいて欲しいのだけど、オジン好みの見た目っていう部分でゴールデンでついぞ先日までMCをしていた訳だ、いけしゃあしゃあと。
要はね、世間的には「菊川玲>山口&あかぎ」って訳ですよ。
この辺から分かるのは、日本って国がいかに表面に騙されてるというか、国民の大半が疑問すら持たないっていうか、ちょっと話が大きくなり過ぎてきて自分でも収集つかなくなってきたんですけどどうしたらいいでしょうか。

まぁとにかく、山口五和さんて人は非常に出来る人でして久しぶりに声が聞きたいなぁと思ったらやってんじゃんかラジオって事で今週の土曜日はNACK5にチャンネルを合わせる事が決まった。
相変わらずの暴走っぷりらしい。

ブログ⇒http://sawa-gu.at.webry.info/
ラジオ⇒http://www.nack5.co.jp/timetable/program5.shtml

で、あかぎあいさんはどうしてるだろうと思ったら、今年の4月にsakusakuに期間限定復活してやがった。
しかもDVDまで出てる始末。

ブログ⇒http://ameblo.jp/ai-akagi/
大復活DVD⇒http://tvkshop.net/SHOP/ASBY-4455.html

なんだ。
世間もなんだかんだで良く分かってるんじゃないか。
取り越し苦労だったんじゃねーか。
でも、ちょっと嬉しいね。
世間もまだまだ、ね。
よかったよかった。
posted by マスダ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。